ここでは僕が実際に購入経験があるカジュアル服のブランド・通販ショップ・セレクトショップ・ファストファッションブランドを総合して比較。
それらを独断と偏見でおすすめ人気ランキング形式にまとめています。

ちなみに参考価格やセール値引きはネット通販の時のもの。
店舗購入ではここまで安くならない場合もあるのでご注意を。

メンズカジュアルブランドおすすめランキング ベスト93

この記事の目次

1位:メンズスタイル

メンズスタイルの商品です。

  • 系統:カジュアル、きれいめ
  • 価格帯:3,000円程度~のお手頃(セットで0円などの企画満載)
  • 年齢層:10代~40代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:コーデ情報満載、女性ウケアイテム中心

メンズスタイル(MENZ-STYLE)は、業界屈指のコーディネート情報と女性目線で選んだアイテムで人気を確立した通販ショップ。
特にコーデ情報の量と質は他を寄せ付けないレベルですね。

メンズファッション初心者だったら雑誌を買うよりよっぽど分かりやすいです。
また、アイテムも女性ウケがいいシンプルなものが中心なので中級者や上級者にとっても使えるショップ。

商品の値段もお手頃と一度はチェックしておいて損はありません。

※キャンペーン情報
コーディネートセット購入で対象アイテムいずれか1点全員プレゼント

2位:スプートニクス

スプートニクスのニットセットです。

  • 系統:きれいめ
  • 価格帯:3,000円程度~のお手頃(セール時は最大70%OFF)
  • 年齢層:20代~40代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:コーデ情報満載、カジュアル・ビジネス・小物も充実

スプートニクス(SPU)は、大人のためのキレイめアイテム中心に揃えている通販メインのセレクトショップ。
カジュアル服だけでなく、スーツやビジカジ、財布・バッグ・シューズなどの小物も充実しているのが特徴です。

お手頃アイテムを中心にJohnbull(ジョンブル)やAudience(オーディエンス)といった知名度はイマイチだけど高品質アイテムが揃っているブランドも取扱っています。

また、メンズスタイルほどではありませんがコーディネート情報が充実している点も魅力です。

※キャンペーン情報
・冬のお得福袋
・300円OFFクーポンと15%OFFクーポン配布

3位:メンズファッションプラス

メンズファッションプラスのマネキン買いです。

  • 系統:カジュアル、きれいめ
  • 価格帯:3,000円程度~のお手頃(プレゼントなどの企画満載)
  • 年齢層:10代~30代
  • 対象:初心者
  • 特徴:初心者特化、マネキン買い、コーデ情報満載

メンズファッション初心者を対象とした通販ショップ。
30日間交換無料など初心者のためのサービスや企画が行われています。

最大の特徴はマネキン買いという全身コーディネート済みのアイテムが丸ごと購入できるサービス。
知識も勉強も必要なく誰でも簡単にオシャレができる。

逆に無難カッコイイをテーマにしたラインナップは中級者以上には物足りないでしょう。

※キャンペーン情報
20,000円(税込)以上のご購入で、ナーバルジャケット(7,300円相当)をプレゼント。

4位:ユニバーサルランゲージ

ユニバーサルランゲージのカジュアル服です。

  • 系統:コンサバ、大人カジュアル、きれいめ
  • 価格帯:4,000円程度~のやや高め(セール時は最大70%OFF)
  • 年齢層:30代~50代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:高品質アイテムがリーズナブル

ユニバーサルランゲージ(UNIVERSAL LANGUAGE)は、青山商事運営でスーツを中心に取扱いますが、カジュアルやビジカジアイテムも取扱う大人のための高品質系セレクショップ。

派手なデザインで魅せるのではなく、アイテムの質の良さでおしゃれに見せる。
まさに落ち着いた大人を演出するためのセレクトショップですね。

他ブランドなら軽く1万円を超えるようなアイテムもリーズナブル価格で提供しているのも強み。
ただし、コーディネート情報はあまりないため、初心者にはおすすめしません。

※キャンペーン情報
・スーツ2着で10,000円OFF
・MENSスタイルアップ20%OFFキャンペーン

5位:Amazon

Amazonのカジュアル服です。

  • 系統:全系統
  • 価格帯:ブランドによる
  • 年齢層:ブランドによる
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:同じ商品を買うなら最安クラス

アマゾン(Amazon)は説明不要の大型ECサイト。
メンズファッションアイテムも今ではトップクラスの品揃え。

また、楽天やZOZOTOWNなど、複数のECサイトで取扱っている同じブランド品なら一番安く買える可能性が高いのも魅力。

これは元々の値引き率が高いのに加え、期間限定セールやタイムセールを頻繁に行うためですね。
解説や写真は少なめなので中級者以上向け。

6位:ミッシェルクランオム

ミッシェルクランのストライプスタンドカラーシャツ畳み状態です。

  • 系統:ユーロスタイルのきれいめ
  • 価格帯:10,000円程度~の高め(セール時は最大80%OFF)
  • 年齢層:20代中盤~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:カラーとデザイン

ミッシェルクランオム(MICHEL KLEIN HOMME)は、ヨーロッパスタイルのキレイめをベースに遊び心を加えたデザインやカラーが特徴的。
派手になりすぎないギリギリのところを攻めているので良い感じに個性が出しやすい。

特にカラーがあまり他では見ないキレイな色が多いのが好きですね~♪

なので、僕も20代後半から愛用しているブランドです。
定価は高いですが、セール時なら最大80%OFFとかなり安くなりますからね(店舗ではここまで安くならない)

7位:アバハウス

アバハウスの鹿の子ストライプ長袖シャツ畳み状態です。

  • 系統:シンプルきれいめ
  • 価格帯:7,000円程度~のやや高め(セール時は最大70%OFF)
  • 年齢層:10代後半~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:素材などで独自性をよく出す

シンプルだけど『おっ!』と思わせるようなデザイン性が魅力なのがアバハウス(ABAHOUSE)。
クセが弱いのでハードルが高いメンズブランドの中でもトップクラスに着こなしやすい。

価格もその中では抑えめな方ですからね。
また、デザインはシンプルなものが多いですが、コラボや素材にこだわったアイテムも多い。

僕が特に買って良かったと思えたのはポロシャツと同じ素材で作った長袖シャツやジャージ素材で作ったジーンズなどですね。
どちらもお洒落なだけでなく機能性も高かったので。

8位:メンズビギ

メンズビギ DISTINCTIONカットソー

  • 系統:英国ベースカジュアル
  • 価格帯:5,000円程度~のやや高め(セール時は最大50%OFF)
  • 年齢層:10代後半~40代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:ターゲット層が違う複数のレーベルがある

流行に左右されない英国ベースのカジュアル系のアイテムを取り揃えるのがメンズビギ(Men’s Bigi)。

最大の特徴はブランド内にターゲット層を変えたメンズビギ・ディスティンクション メンズビギ・エッセンシャル ガーメント メンズビギ・ユニオンステーション・ラトルトラップなどの複数のレーベルを展開しているところ。

これにより幅広い年齢層をサポートしています。
また、価格帯がブランドの中ではリーズナブルという点もうれしい。

9位:MKオム

MKオムのフェイクレイヤードカーデです。

  • 系統:フレンチカジュアル
  • 価格帯:6,000円程度~のやや高め(セール時は最大80%OFF)
  • 年齢層:10代後半~20代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:ミッシェルクランのセカンドライン

MKオム(エムケー ミッシェルクランオム)は、ミッシェルクランオムのセカンドラインでより若い年齢層がターゲットで値段も安め。

デザインやカラーに特徴があるのは似ていますが、こちらはヨーロッパではなくフレンチカジュアル(フランス人のカジュアル)ベース。

と言っても系統は同じなので着こなしもミッシェルクランと同じように、また人によっては30代・40代でも着られます。

10位:モダンブルー

モダンブルーの商品です。

  • 系統:ハイブランド
  • 価格帯:5,000円~10万円以上まで(セールやアウトレットあり)
  • 年齢層:30代以上
  • 対象:上級者
  • 特徴:海外有名ブランドを輸入して販売

海外有名ブランドを専門に取扱う通販ショップがモダンブルー(Modern Blue)。
並行輸入や企業努力、セールやアウトレットによってそれらを感動価格で提供しています。

また、全て模造品なしの本物宣言するなどサービス面やサポート面も優秀。

とはいえ、ハイブランドは全体的に値段が高く、さらにコーディネートも難しいため初心者は手を出さない方が無難。
特に日本ではゴリゴリのブランド主義は女性から嫌われがちですから。

11位:コムサメン

コムサのコートです。

  • 系統:モード
  • 価格帯:7,000円程度~高め(セール時は最大60%OFF)
  • 年齢層:20代~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:日本を代表する有名ブランドの一つ

1980年代のDCブランドブームで一世を風靡した日本発の有名ブランドの一つコムサメン(COMME CA MEN)。
日本人の黒髪に合うデザインやカラーをベースとしています。

デザインは流行性が攻めが強いモード基調。
ただ、その中では価格もデザインもまだ手が出しやすい。

ファッションに目覚めた時から僕も愛用していますが、価格的にセール時しか手が出しにくいのが難点ですね(笑)

12位:a.v.v HOMME

avvです。

  • 系統:大人ヨーロピアン
  • 価格帯:3,000円程度~お手頃(セール時は最大50%OFF)
  • 年齢層:20代後半~40代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:イトキンのファミリー向けブランド

ミッシェルクランオムやMKオムなどを展開するイトキンのファミリー向けブランド『a.v.v HOMME(アー・ヴェ・ヴェオム)』。
家族で揃って買える価格帯と非常にリーズナブル。

デザインもトラッドやフレンチの傾向が強い大人ヨーロピアンカジュアルと着こなしやすいので初心者にもおすすめです。

ネックはレディースやキッズは多いのにメンズはアイテム数が少ないところ。
家族の中でのお父さんの肩身の狭さが感じられます(笑)

13位:ニコルクラブフォーメン

ニコルクラブフォーメンの商品です。

  • 系統:ストリートとモードのフュージョン
  • 価格帯:5,000円程度~やや高め(セール時は最大50%OFF)
  • 年齢層:10代~20代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:ニコルブランドの若年層向け

MONSIEUR NICOLE(ムッシュニコル)やHIDEAWAYS NICOLE(ハイダウェイ ニコル)などを展開するニコルブランドの若年層向けがニコルクラブフォーメン(NICOLE CLUB FOR MEN)。

ストリートとモードのフュージョンをテーマに個性重視のデザインのものが多くなっています。
定番アイテムでもただのシンプルでは終わらないといった感じで。

特にジーンズなどのパンツ、あとはモーブスやゴライアスなどと積極的にコラボを仕掛けるなどスニーカーにも力を入れているように感じますね。

14位:ショップリスト

ショップリストのアイテム一式です。

  • 系統:ショップによる
  • 価格帯:1,000円程度~の最安クラス
  • 年齢層:10代~30代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:多数の通販ショップやブランドが入っている大型ECサイト

このランキングでも登場しているライトオン・ASM・ロクステ・マイノリティなど、複数の通販ショップやブランドがまとまって入っている大型ECサイト『SHOPLIST.com(ショップリスト)』。

AmazonやZOZOTOWNなどのように知名度が高い有名どころはあまり入っていませんが激安など価格帯が安いところが多く入っています。
安くまとめて買うならここが一番ですね。

ただし、それぞれのショップで買うより写真や情報が少ないのがネック。

15位:ポールスミス

ポールスミスのマフラーです。

  • 系統:遊び心があるトラディショナル
  • 価格帯:6,000円程度~の高め(セール値引きはあまりしない)
  • 年齢層:20代~30代
  • 対象:上級者
  • 特徴:メンズブランドの中でもNo.1クラスの人気

ポールスミス(Paul Smith)は、ひねりがあるクラシックをテーマにした男性人気No.1クラスのブランド。
特にファッション目覚めての頃は走りがちですね。

が、ひねりや遊び心の部分がクセモノで非常に着こなしづらいアイテムばかりなんですよね~
買ったはいいが全然似合わない、他のアイテムと合わないなんてこともよくある(何度か経験あり)

なので、よっぽどコーデに自信がない場合は買わない方がベター。
服は難しいですがマフラーや財布などは初心者にも使いやすくアクセントが利かせやすいのでおすすめです。

16位:コムサイズム

コムサイズムのシープレザーグローブです。

  • 系統:モード
  • 価格帯:4,000円程度~のお手頃(セール時は最大70%OFF)
  • 年齢層:20代~30代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:コムサのファミリー向けブランド

モードなデザインと存在感で人気を集めたコムサのファミリー向けファストファッションブランド『コムサイズム(COMME CA ISM)』。
モードなデザインはそのままにお手頃価格になっているのが最大の魅力です。

ちょっとブランドに興味があるけどどこで買っていいか分からない、またはユニクロなどの量販店は避けたいという人におすすめですね。

よくある他の安い系とは一味違うコーディネートが楽しめます。
ネックはファミリー向け店舗だとやっぱり男性向け商品が少ない(メンズ専門店や通販なら多い)ところ(笑)

17位:メンズメルローズ

メンズメルローズのスピングルムーブのコーデです。

  • 系統:モード感のあるきれいめ
  • 価格帯:5,000円程度~のやや高め(セール時は最大50%OFF)
  • 年齢層:30代~40代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:メンズビギと同じビギグループ

メンズメルローズ(MEN’S MELROSE)はメンズビギと同じビギグループでより上の年齢層向け。
デザインもコムサと同じようなモード系ですが、こちらの方がよりシンプルになっています。

ブランドの中では落ち着いた雰囲気のデザインが多い。
また、価格もリーズナブルで涼しい・温かいなどの機能性に優れたものも多く、上の年齢層からの支持が高いですね。

僕も20代の頃はあまり利用しませんでしたが、30代になってからグッと利用が増えました。
スピングルムーブなどとコラボするなどスニーカーや小物に力を入れているのもうれしい。

18位:ユニクロ

ユニクロの赤フリースです。

  • 系統:カジュアル
  • 価格帯:1,000円程度~の激安(セールが頻繁に行われる)
  • 年齢層:全世代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:機能性が高い商品が多い

日本だけでなくワールドワイドに展開する世界的に有名なスローファッションブランド『ユニクロ(UNIQLO)』。
ファッション初心者はもちろん、中級者や上級者でも全く利用しない人はほとんどいないでしょう。

ちなみにスローファッションとは流行をガンガン取り入れた入れ替わりが激しいファストファッションとは反対のシンプルなデザインで長く着られるものということですね。

そのため、ユニクロのアイテムはベーシックなものが多くなっています。

ユニクロの最大の特徴は激安価格の割に品質が良い所。
さらにフリースが出てきた辺りから機能性が優れたアイテムが多いのも特徴。

冬に温かい暖パンや夏に涼しいAIRism(エアリズム)などは僕もよく購入しています。
また、靴下やヒートテックなどのインナーもよくお世話になってますね~

19位:ラコステ

ラコステ×オリンピックデザインです。

  • 系統:ポロシャツ、スニーカー特化
  • 価格帯:10,000円程度~の高め(セール時は最大30%OFF)
  • 年齢層:全世代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:フランスの有名アパレルブランド

ワニのロゴマークのポロシャツが世界的に有名なフランスのアパレルブランド『ラコステ(LACOSTE)』。
スニーカーの方も徐々に存在感を高めてきましたね。

価格は高いですがポロシャツ1枚でまとまるので初心者でも利用しやすい。
ファッション雑誌などでもよく定番アイテムとして紹介されていますからね。

逆にこの値段を出してポロシャツやスニーカー以外は買う必要はないですね。
同じ価格を出すなら他アイテムは別で買うのをおすすめします。

20位:グリーンレーベルリラクシング

グリーンレーベルの商品一覧です。

  • 系統:ポロシャツ、スニーカー特化
  • 価格帯:4,000円程度~のやや高め(セール時は最大50%OFF)
  • 年齢層:20代~30代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:ユナイテッドアローズの低価格ライン

UNITED ARROWS green label relaxing(ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング)はユナイテッドアローズの低価格ライン。
本来は30代男性をターゲットにしていたようですがリーズナブル価格が20代にもヒット。

オリジナルはその年その年の流行を程良く取り入れたクセのないデザインと、ニューバランスなどのセレクトショップらしい定番アイテムをラインナップしているので初心者でも外れを引きづらい。

価格もリーズナブルで大手セレクトショップの中でもトップクラスに利用しやすい反面、手堅過ぎて遊び心に欠けるというデメリットはあります。

21位:GU

GUのボアスウェットパンツです。

  • 系統:カジュアル
  • 価格帯:1,000円程度~の激安(セールが頻繁に行われる)
  • 年齢層:全世代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:ユニクロよりも若年層に人気

GU(ジーユー)はユニクロと同じくファーストリテイリングが運営
ユニクロのノウハウを活かしつつより低価格でよりカジュアルに攻めた商品が多くなっています。

そのため、ユニクロと比べると10代・20代の若い女性やOL、小さい子供を持つお母さんを中心に人気が爆発。

ファッションにお金はかけられないけどお洒落はしたい人のニーズとマッチしました。
ただ、男性向けアイテムはレディースほど魅力的なものが多くないのがネックですね。

22位:トルネードマート

トルネードマートのリアルファー付きフードダウンブルゾン畳み

  • 系統:お兄、きれいめ
  • 価格帯:9,000円程度~の激安(セール時は最大50%OFF)
  • 年齢層:20代~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:ベーシックラインもあり

トルネードマート(TORNADO MART)は、個性的なデザインや細身なシルエットでお兄系色が強く、ちょっと前はギャル男のイメージもあったブランド。
時代が変わってそれらが売れなくなってからは派手なキレイめカジュアルといった感じに路線変更してきましたね。

また、ベーシックラインのゼロ・バイ・トルネードマートやBLUE TORNADO(ブルートルネード)などのラインも展開しています。

とはいえ、やはり他と比べると派手なので、うまく着こなすならワンポイントで使うのがベターです。

23位:シップス

シップスの千鳥格子のパンツです。

  • 系統:トラッド・大人カジュアル
  • 価格帯:5,000円程度~のやや高め(セール時は最大60%OFF)
  • 年齢層:20代以降
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:大人に人気の老舗セレクトショップ

トラッドや大人カジュアルなどの落ち着いた雰囲気のアイテムが多いが老舗大手セレクトショップ『SHIPS(シップス)』。
そのため、30代以降の大人男性からの支持が厚いですね。

ただ、店舗には10代・20代向けのSHIPS JET BLUE(シップスジェットブルー)も置いてあるので全世代向けといった感じになっています。

24位:インフォアブソ

インフォアブソのカーディガンです。

  • 系統:代官山・原宿・下北
  • 価格帯:3,000円程度~のお手頃(セール時は最大80%OFF)
  • 年齢層:10代~30代
  • 対象:初心者~中級者
  • 特徴:ストリート色が強いアイテムをリーズナブルに

代官山・原宿・下北系といったストリート色が強いアイテムをお手頃価格で提供する通販専門ショップ『infoabso(インフォアブソ)』。
ランキング上位で登場したメンズスタイルやスプートニクス、ユニクロなどよりも個性的なデザインやカラーの商品が多い。

安いアイテムが欲しいけどシンプル過ぎる服ばかりじゃつまらない!と思った時に重宝します。

25位:ビューティ&ユース

ビューティ&ユースのニットフリースイージーパンツです。

  • 系統:きれいめ、ストリート
  • 価格帯:5,000円程度~のやや高め(セール時は最大60%OFF)
  • 年齢層:20代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:ユナイテッドアローズの若年層向けレーベル

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(ビューティアンドユースユナイテッドアローズ)はユナイテッドアローズの若者向けレーベル。

ランキング上位で登場したグリーンレーベルと同じような感じがしますが、こちらの方がより若年層向けでストリート色が強い傾向にありますね。
あと、シルエットがよりスマートで値段も若干高い。

26位:ラルフ ローレン

ポロラルフローレンのポロシャツ袋入りです。

  • 系統:アメリカン・ブリティッシュ
  • 価格帯:5,000円程度~の高め(セールはあまりしない)
  • 年齢層:全世代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:海外輸入物の方がかなり安い

ラルフ ローレン(Ralph Lauren)はアメリカを代表するブランドの一つ。
特にポロシャツが世界的に人気ですね。

日本でも世代を問わずに人気ですが、ポロシャツ以外のカジュアルアイテムはわざわざ買う必要ないかなと(スーツなどはありですが)

また、店舗とAmazonなどのネット通販ではかなり価格に差がありますが、これは店舗がライセンス契約により日本で企画・販売しているのに対し、通販は海外からの輸入品のため。
値段は海外輸入品の方が断然安いですね。

ただし、海外輸入品はサイズも外国人サイズなのがネック。
僕も肩幅を合わせると丈が合わず大きめで着ていました。

27位:エディフィス

エデフィスです。

  • 系統:大人カジュアル、トラッド
  • 価格帯:5,000円程度~のやや高め(セール時は最大70%OFF)
  • 年齢層:30代以上
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:大人向けセレクトショップ

感覚的にはランキング上位で登場したシップスに近い形のセレクトショップ『エディフィス(EDIFICE)』。
大人向けの落ち着いたアイテムが多いですね。

ただ、エディフィスの方が若干味が強く、年齢層やスタイルを選ぶかなと思います。
そのため、ファッション初心者はまずはシップスからチェックすることをおすすめします。

28位:ハイダウェイ ニコル

ハイダウェイ ニコルのユニオンプリントポロシャツです。

  • 系統:ストリートとベーシックカジュアルを融合
  • 価格帯:5,000円程度~のやや高め(セール時は最大70%OFF)
  • 年齢層:10代後半~20代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:ニコルの若年層向けブランド

ニコルの若者向けブランド『ハイダウェイ ニコル(HIDEAWAYS NICOLE)』。
そういうとランキング上位で登場したNICOLE CLUB FOR MEN(ニコルクラブフォーメン)と似てますね。

違いはデザイン性と年齢層が若干違うかなと言った感じ(笑)
そのため、店舗や通販サイトによっては二つの商品が混在して取扱われたりしていますしね。

29位:タケオキクチ

タケオキクチの靴です。

  • 系統:ブリティッシュトラッド
  • 価格帯:10,000円程度~の高め(セール時は最大70%OFF)
  • 年齢層:10代後半~40代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:世代と経験値を問わずに着こなしやすい

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)はワールドが展開する屈指の知名度と人気を誇るブランド。
落ち着いた雰囲気のブリティッシュトラッドなので、若者~中年まで幅広く着こなしやすいのが魅力です。

シンプルなデザインの中にさり気ない遊び心があるのでおしゃれに魅せやすい。
ただ、価格が高いのでセール時以外はなかなか購入は厳しいのですよね~

30位:アーバンリサーチ

アーバンリサーチのスエットTEEです。

  • 系統:都会的カジュアル
  • 価格帯:5,000円程度~のやや高め(セール時は最大50%OFF)
  • 年齢層:20代~30代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:ドアーズやサニーレーベルも展開

大阪発の大手セレクトショップ『アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)』。
都会的カジュアルをテーマにデザイン性に流行を加え、シルエットを少しタイトに絞っているのが特徴。

また、コンセプトが違うアーバンリサーチ ドアーズやサニーレーベルも展開しています。

31位:ジュンレッド

ジュンレッドの商品です。

  • 系統:カジュアル、ストリート
  • 価格帯:4,000円程度~のやや高め(セール時は最大70%OFF)
  • 年齢層:20代~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:JUNブランドのメイン

元々はJUNブランドがユニクロなどのファストファッションに対抗して立ち上げた全世代向けのJUN MEN(ジュンメン)のセカンドライン『ジュンレッド(JUNRed)』。

が、ジュンメンがなくなり今ではメンズラインのメインとなり、さらに世代を問わずに使いやすいデザインがウケなかったのか、今では若年層向けのアイテムが多くなっています。

ただ、リーズナブルさはそのままなので手を出しやすい魅力は健在です。

32位:ナノユニバース

ナノユニバースのヘンリーネックシャツです。

  • 系統:ヨーロピアントラディショナル
  • 価格帯:3,000円程度~のお手頃(セール時は最大60%OFF)
  • 年齢層:20代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:若者を中心に人気の大手セレクトショップ

モードとキレイめを合わせたようなヨーロピアントラディショナルなデザインが特徴。
ナノユニバース(nano・universe)のデザインはセレクトショップの中では比較的攻めてますね~

また、価格の安さも攻めている。
そのため、10代後半・20代の若者を中心に支持を集めています。

33位:テットオム

テットオムの服です。

  • 系統:丸井
  • 価格帯:9,000円程度~の高め(セール時は最大80%OFF)
  • 年齢層:20代~40代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:より大人向けなエクステッドラボ テットオムも展開

エッジの効いた先鋭的なデザインが特徴のブランド。
テットオム(TETE HOMME)はマルイ系と呼ばれるセレクトショップなどよりも派手さや個性を重視した系統ですね。

また、同じ店舗の中に複数ラインを展開し、テットオムが20代~30代向けなのに対し、より大人向けなエクステッドラボ テットオムは40代でも着られるアイテムが揃っています。

34位:ZARA

ZARA文字プリント入りTシャツです。

  • 系統:モード
  • 価格帯:5,000円程度~のやや高め(セール時は最大40%OFF)
  • 年齢層:20代~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:スペイン発のファストファッションブランド

世界を席巻するスペイン発のファストファッションブランド『ZARA(ザラ)』。
モードなデザインがカッコイイ!

が、日本だと税金の関係なのか価格帯がセレクトショップ並に高いのですよね~
その割に品質も良くないというダブルパンチがなければメインに据えてもいいと思いますが・・・。

35位:トゥモローランド

トゥモローランドです。

  • 系統:大人カジュアル、きれいめ、コンサバ
  • 価格帯:8,000円程度~の高め(セール時は最大30%OFF)
  • 年齢層:30代以上
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:素材で魅せる上質アイテム

トゥモローランド(TOMORROWLAND)は、シンプルなデザインながらも素材でオシャレを演出する上質アイテムを中心に取扱い。

ニットなどもデザインよりも鮮やかなパステルカラーや編み目でお洒落感を出していますね。

高級感もあって説得力もありますが、価格が高いのがネック。
値引きもあまりしませんから。

36位:カンビオ

カンビオのアメカジコーデです。

  • 系統:モード、ストリート、アメカジ、ちょいワル
  • 価格帯:4,000円程度~の高め(セール時は最大40%OFF)
  • 年齢層:20代以上
  • 対象:上級者
  • 特徴:有名人も着用する通好みのラインナップ

オリジナルに加え、glamb(グラム)・NOID(ノーアイディ)・JOYRICH(ジョイリッチ)・AKM(エーケーエム)・wjkなどの一般的には有名ではないけれどよくファッション誌などに掲載される玄人好みのブランドを中心に取扱う通販専門ショップ『CAMBIO(カンビオ)』。

どれも価格が高くクセも強いので、上級者向けのショップですね。

37位:フレッドペリー

フレッドペリーポロシャツです。

  • 系統:ポロシャツ、スニーカー特化
  • 価格帯:7,000円程度~の高め(セール時は最大30%OFF)
  • 年齢層:全世代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:世界的な英国ブランド

英国テニス界の英雄『フレデリック・ジョン・ペリー』が立ち上げたファッションブランドがフレッドペリー(FRED PERRY)。

ラコステと同じく、こちらもポロシャツとスニーカーが人気ですね。
ただ、ラコステと比べるとより10代・20代といった若年層から支持されている模様。

ラコステ・ラルフローレンと合わせてポロシャツ三大ブランドと呼ばれることも。

38位:ティーケー タケオキクチ

TKカラーデニムクロップドパンツ袋です。

  • 系統:ストリートカジュアル
  • 価格帯:4,000円程度~のやや高め(セール時は最大60%OFF)
  • 年齢層:10代後半~20代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:タケオキクチのセカンドライン

ワールドが展開するタケオキクチのセカンドラインがtk.TAKEO KIKUCHI(ティーケー タケオキクチ)。
若者向けに価格を抑えつつ、ストリート要素を加えてより遊びの部分を強調しているのが特徴。

個性が強くなった分、大人感や落ち着きは減ってますね。

39位:シップスジェットブルー

シップスジェットブルーです。

  • 系統:ストリートカジュアル
  • 価格帯:5,000円程度~のやや高め(セール時は最大70%OFF)
  • 年齢層:10代後半~20代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:SHIPSの若者向けセカンドライン

SHIPS JET BLUE(シップスジェットブルー)はSHIPSの若年層向けセカンドラインということで価格は少し安め。
さらにデザインもトラッドな本家よりストリートやモードを感じさせる攻めた商品が多い。

店舗で買うときは一緒になって置かれていることが多いのでそこまで気にする必要はありませんね。
気に入ったものを買うというスタイルで。

40位:タカキュー

タカキューのクロップドパンツです。

  • 系統:カジュアル
  • 価格帯:3,000円程度~のお手頃(セール時は最大80%OFF)
  • 年齢層:全世代
  • 対象:初心者~中級者
  • 特徴:テーマが異なる複数ブランドを展開

老舗スーツ量販店『タカキュー(TAKA-Q)』のカジュアルライン。
なので、おっさん臭いと嫌がる人も多いのですが意外と安くて良いアイテムも置いているのですよね。

TAKA-Q(全世代向け)・semantic design(若年層向け)・Wilkes Bashford(年配向け)・renoma HOMME(ドレスカジュアル)などの複数のブランドを展開。

ファッションに興味を持つ前から愛用しています。

41位:ユナイテッドアローズ

ユナイテッドアローズです。

  • 系統:大人カジュアル、きれいめ、コンサバ
  • 価格帯:8,000円程度~の高め(セール時は最大50%OFF)
  • 年齢層:20代~50代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:素材で魅せる上質アイテム

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)はハイグレードなライフスタイルをテーマに上質アイテムやデザイナーズブランドも取扱う大手セレクトショップ。

その他のグリーンレーベルやビューティー&ユースなどと比べるとデザインもアイテムも大人向けですね。

高いけど高級感たっぷりの外さない服や小物が欲しい人におすすめ。

42位:THE SHOP TK

THE SHOP TKです。

  • 系統:大人カジュアル、きれいめ、コンサバ
  • 価格帯:3,000円程度~のお手頃(セール時は最大70%OFF)
  • 年齢層:10代後半~40代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:タケオキクチの低価格ライン

THE SHOP TK(ザ ショップ ティーケー)は、ワールドがユニクロなどのファストファッションブランドに対抗して設立したタケオキクチの低価格ライン。
セカンドライン『tk.TAKEO KIKUCHI』からさらに派生したブランドですね。

定価が安い上にセールもよく行うため激安価格で買えるのが魅力。
そのため、若年層だけでなくオシャレを安く済ませたい30代や40代からも支持を集めています。

43位:マガシーク

マガシークの服商品です。

  • 系統:全系統
  • 価格帯:ブランドによる
  • 年齢層:ブランドによる
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:AmazonやZOZOTOWNにないブランドも取扱い

マガシーク(MAGASEEK)はAmazonやZOZOTOWNを追う大型ECサイト。
正直、取扱いブランドやショップは二つに負けているのですが二つにはない所を扱っていたりする。

また、写真の見やすさや絞った数が逆に商品を比較しやすいのがイイ。
少なくとも僕はゾゾよりも利用していますね。

44位:アウトレットピーク

アウトレットピークの商品です。

  • 系統:全系統
  • 価格帯:ブランドによる
  • 年齢層:ブランドによる
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:マガシークのアウトレット版

OUTLET PEAK(アウトレットピーク)は上のマガシークが運営するアウトレット商品のみを取扱ったECサイト。
商品数は少ないですが全品セール価格という安さが魅力。

もちろん、マガシークとポイントなどのサービスは連結しています。

45位:ジャーナルスタンダード

ジャーナルスタンダードのアロハシャツです。

  • 系統:カジュアル、アメカジ
  • 価格帯:6,000円程度~の高め(セール時は最大70%OFF)
  • 年齢層:10代後半~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:テイストが違う4つのラインを展開

ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)は有名セレクトショップの中では中堅どころですね。
ベーシックスタンダードをテーマにカジュアルやアメカジ系のアイテムを取扱っています。

また、ジャーナルスタンダード・トライセクト・レリューム・ホームステッドとテイストが違う4つのラインを展開しているのも特徴です。

46位:ブラックレーベル・クレストブリッジ

バーバリー・ブラックレーベルのジャケットです。

  • 系統:トラッド
  • 価格帯:10,000円程度~の高め(あまりセールは行わない)
  • 年齢層:25歳~35歳向け
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:元バーバリーブラックレーベル

三陽商会が展開していた『バーバリー・ブラックレーベル』の後継ブランドがブラックレーベル・クレストブリッジ(BLACK LABEL CRESTBRIDGE)。
バーバリーとのライセンス契約が切れたために名前が変わった形ですね。

なので、雰囲気などはそのままなのですよね。
が、トップクラスに売れていた勢いは今はなし!

名前一つでここまで違うのかっ!?と感じさせるブランドです(笑)

47位:マルイ

マルイの箱です。

  • 系統:マルイ
  • 価格帯:ブランドによる
  • 年齢層:ブランドによる
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:店舗はマルイ系中心、通販はそれ以外も多数

僕がお洒落に目覚めた時に最初にハマったのがこの丸井(マルイ)。
ファッションビルですね。

マルイ系と呼ばれるセレクトショップよりも個性強めなブランドが店舗では揃っています。
このランキングでもいくつか登場していますね。

通販『マルイウェブチャネル』では店舗では見たことないようなショップも。
ネットで買うならAmazon・マガシークの次に利用するECサイトです。

48位:ビームス

ビームス ライツのクロップスラックスです。

  • 系統:ストリートカジュアル、アメカジ
  • 価格帯:6,000円程度~のやや高め(セール時は最大50%OFF)
  • 年齢層:10代後半~20代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:コラボアイテムに積極的

昔はファッション覚えたての人が最初にハマりやすいと言われていた大手セレクトショップ(僕はマルイでしたが)
BEAMS(ビームス)は大学生人気が高いとかね。

ただ、今は他にもそういったセレクトショップが増え、さらにグリーンレーベルやアーバンリサーチなどのより初心者に使いやすい所も出てきました。

一方、ビームスのストリートカジュアルやアメカジはそれらと比べるとクセがあって初心者にはコーディネートが難しいのですよね~

49位:H&M

H&Mです。

  • 系統:モード、きれいめ
  • 価格帯:1,500円程度~の激安(セールを頻繁に行う)
  • 年齢層:10代~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:スウェーデン発のファストファッションブランド

H&M(エイチ・アンド・エム)も日本だけでなく世界を席巻するスウェーデン発のファストファッションブランド。
ユニクロ並に安い価格で攻めたデザインの商品が多いのが特徴ですね。

なので、初心者がなんの知識もなく買うと着こなしを失敗しやすいというリスクも。
ただ、価格が安いのでこれからコーデ術を学んでいく練習台としては最高のブランドだと思います。

また、安くオシャレに魅せたい中級者や上級者にもおすすめです。

50位:DIESEL

ディーゼルです。

  • 系統:イタリアカジュアル
  • 価格帯:8,000円程度~の高め(セール時は最大50%OFF)
  • 年齢層:10代後半~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:デニムが有名

日本の百貨店などにもよく入っているイタリアのカジュアルブランド『DIESEL(ディーゼル)』。
若者を中心に人気ですが、ちょいワルファッションで使われることもありますね。

特にジーンズなどのデニムが有名。
あとはボクサーパンツなどの下着も贈り物として利用されることも。

正直、このパンチが効いたデザインは僕も大好物なのですが、高くてセール時でもなかなか手が出ないのですよね~
人気なジーンズはセールでもなかなか安くなりませんし。

51位:ヌーディージーンズ

ヌーディージーンズです。

  • 系統:ジーンズ特化
  • 価格帯:10,000円程度~の高め(セール時は最大50%OFF)
  • 年齢層:年齢よりもスリム体型向け
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:元LEEの3人のデザイナーが立ち上げたスウェーデン発のデニムブランド

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans)はその名の通りジーンズに特化したブランド。
一応、他のパンツやトップス・小物なども取扱っていますが、わざわざここで買う必要はないかなと。

肝心のデニムパンツに関しては非常にタイトなシルエットが特徴的ですね。
そのため、年齢よりもそのシルエットに合う体型が求められます。

52位:ZOZOTOWN

ZOZOTOWNの通販サイトです。

  • 系統:全系統
  • 価格帯:ブランドによる
  • 年齢層:ブランドによる
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:日本最大のファッションECサイト

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)は説明不要の日本最大のファッションECサイト。
ブランドやショップ数ではあのAmazonを超える数ですから。

が、その多すぎるのが逆に僕は使いづらいのですよね~
例えば、ブランドやショップにこだわらずにデニムパンツで比較しようと思ったら、このブログを書いている2017年9月時点では9000件近く出てきました(汗)

こんなにいらないのですよ。
というか、マニアックなブランドやショップは必要なく、こういう時は有名どころのみに絞ったマガシークの方が重宝しますね(ちなみにマガシークは同じ条件で検索したら約600件でした)

53位:ランバンオンブルー

ランバンオンブルーです。

  • 系統:モード+きれいめ
  • 価格帯:5,000円程度~の高め(セール時は最大40%OFF)
  • 年齢層:20代~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:フランスブランド『ランバン』の日本向けライン

フランスの歴史あるブランド『ランバン』の日本向けライセンスブランドがランバンオンブルー(LANVIN en Bleu)。
最大の特徴はクセの強いデザイン。

モードとキレイめをプラスしたような見た目は独特。
価格も高いので初心者はなかなか手が出しにくいですね。

54位:イトキン

イトキン通販サイトです。

  • 系統:ユーロカジュアル
  • 価格帯:ブランドによる
  • 年齢層:ブランドによる
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:大手アパレルメーカー

ITOKIN(イトキン)はランキング上位でも登場した『ミッシェルクランオム』『MKオム』『a.v.v HOMME』などを取扱う大手アパレルメーカーですね。

レディースやキッズも揃え、ファミリーで買物できるようになっています。
とはいえ、メンズはこの3つしかない、この3つは他の大型ECサイトでも取扱っているのでわざわざここで購入する理由が少ない。

強いて挙げるなら同ブランドの商品数と新作が並ぶ早さ、アウトレットがあるぐらいでしょうか。

55位:WEGO

ウィゴーのROYOカラースキニーパンツです。

  • 系統:原宿ストリート
  • 価格帯:1,000円程度~の激安(セールが頻繁に行われる)
  • 年齢層:10代~20代前半
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:学生からの支持が高い

WEGO(ウィゴー)はユニクロ並の安さに加えてトレンドを積極的に取り入れたデザインが学生などの若者を中心に人気。
僕も10代・20代の頃にここの存在を知っておけば・・・(僕が存在を知ったのは20代後半)

30代・40代男性も使えるシンプルアイテムもあるのですが数は少ないですし、店舗はその年齢になってくるとちょっと入りづらいのですよね(笑)
なので、今はたまにネットでチェックするぐらいですね。

56位:ヴィヴィアン・ウエストウッド

ヴィヴィアンウエストウッドの通販サイトです。

  • 系統:パンク、モード
  • 価格帯:10,000円程度~の高め(セール値引きはあまりしない)
  • 年齢層:20代
  • 対象:上級者
  • 特徴:個性的だけど女性ウケが高い

反逆性とエレガンスがテーマのイギリスブランドがヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)
そのため、他とはあきらかに違う個性的でアヴァンギャルドなデザインとなっています。

パンチが強いアイテムばかりなので着こなすのはかなり難しいですね~

また、メンズの個性が強いブランドは女性ウケが悪いものが多いのですが、ヴィヴィアン・ウエストウッドは女性ウケが高いのも特徴です。

57位:アットシェルタ

アットシェルタアウトレットです。

  • 系統:カジュアル、きれいめ、コンサバ
  • 価格帯:7,000円程度~のやや高め(セール時は最大70%OFF)
  • 年齢層:10代後半~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:アバハウスを軸に複数ブランドを展開

AT-SCELTA(アットシェルタ)はアバハウスなどのブランドを取扱うECサイト。
メンズは他にはマイセルフ アバハウス、デザインワークス、5351プール・オム、アルフレッド・バニスターなどを展開。

とはいえ、アバハウス系以外はちょいとマイナーですね。

58位:バナナリパブリック

バナナリパブリックのモックネックです。

  • 系統:大人カジュアル、きれいめ
  • 価格帯:3,000円程度~のお手頃(セールは控えめ)
  • 年齢層:20代後半~40代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:GAPハイエンドライン

バナナリパブリック(Banana Republic)は、ユニクロも手本としたアメリカのファストファッションブランド『GAP(ギャップ)』のハイエンドライン。
ハイエンドの割に価格がリーズナブル(セールは少なめ)な点が評判。

そのため、お洒落好きの30代・40代のお父さんなどから人気を集めています。
デザインも落ち着いたものが多く、大人のためのファストファッションブランドといった感じですね。

59位:Right-on

ライトオンです。

  • 系統:カジュアル、アメカジ
  • 価格帯:1,500円程度~の最安レベル(セールも頻繁に行われる)
  • 年齢層:全世代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:ジーンズに力を入れた量販店

リーバイスやエドウィンといったデニムパンツに力を入れたカジュアル量販店がRight-on(ライトオン)。
しかし、ジーンズ人気が落ちた今はその他のボトムやトップスにも力を入れ始めました。

セールも多く安いのですが、ジーンズ以外は魅力を感じるアイテムが少ないのですよね~

60位:プリティーグリーン

プリティーグリーンのリバティプリントBDシャツ畳みです。

  • 系統:UKロック、モッズ
  • 価格帯:7,000円程度~の高め(セール割引は控えめ)
  • 年齢層:20代~30代
  • 対象:上級者
  • 特徴:元オアシスのリアムが立ち上げた

プリティーグリーン(PRETTY GREEN)は元オアシスのリアムが立ち上げたイギリスファッションブランド。
UKロックやモッズといったパンチが効いたデザインが魅力。

ブランドのシンボルとなっているペイズリー柄などオンリーワン的な個性が出せる反面、非常に他と合わせづらいのがネック。

61位:Mac-House

マックハウスの靴下です。

  • 系統:大人カジュアル、きれいめ、コンサバ
  • 価格帯:1,000円程度~の激安(セールも頻繁に行われる)
  • 年齢層:全世代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:カジュアル服だけでなくビジカジも豊富

ここもジーンズに力を入れたカジュアルチェーン店。
が、マックハウス(Mac-House)も今ではオリジナル、NAVY(ネイビー)やDickies(ディッキーズ)といったブランドの取扱いに力を入れてきました。

ビジカジアイテムも充実してきているのも魅力ですね。

62位:ギルドプライム

ギルドプライムのコンビネーション カムフラージュ ポロ畳みです。

  • 系統:モードとカジュアルの融合
  • 価格帯:9,000円程度~の高め(セール時は最大50%OFF)
  • 年齢層:10代後半~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:国内&海外のハイブランドも取扱い

モードとカジュアルの融合をテーマにしたセレクトショップ『ギルドプライム(GUILD PRIME)』。
LOVELESS(ラブレス)の姉妹店。

クセの強いデザインと品質の良さがポイントです。
その分、価格が高いというデメリットがありますが。

63位:WORLD

ワールド オンラインストアです。

  • 系統:ブリティッシュトラッド、ストリートカジュアル、きれいめなど
  • 価格帯:ブランドによる
  • 年齢層:ブランドによる
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:タケオキクチなどを取扱う大手アパレルメーカー

WORLD(ワールド)とはタケオキクチ・tk.TAKEO KIKUCHI・THE SHOP TKなどのメンズブランドを取扱う大手アパレルメーカー。

これらをまとめて買う時に重宝しますが、Amazon・マガシーク・丸井・ZOZOTOWNなどでもまとめて取扱っているのですよね。
そのため、ちょっとメリットが弱いですね。

64位:HARE

HARE(ハレ)のコートです。

  • 系統:ストリートカジュアル
  • 価格帯:4,000円程度~のやや高め(セール時は最大50%OFF)
  • 年齢層:10代後半~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:東京発のファストファッションブランド

ストリートカジュアルをベースにモード・スポーツ・アートなどの要素も加えた東京発のファストファッションブランドがHARE(ハレ)。

分かりやすく言えば、ZARAやH&Mの日本版といったところでしょうか。
ユニクロなどでは満足できないけれど、かといってお金をかけておしゃれをしたくない男性におすすめ。

とはいえ、ファストファッションの中では少し高いのがネック。

65位:グローバルワーク

グローバルワークのカットソーです。

  • 系統:カジュアル、アメカジ
  • 価格帯:4,000円程度~のお手頃(セール時は最大50%OFF)
  • 年齢層:10代後半~40代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:年齢を選ばないアメカジテイスト

ポイントが運営する全世代をターゲットとしたファストファッションブランド『グローバルワーク(GLOBAL WORK)』。
とはいえ、ユニクロなどとは違い、50代以上で利用している人はあまり見ませんね。

また、ファストファッションにしてはちょっと値段が高いのもざんねんなところ。

66位:モンクレール

モンクレールのネイビーダウンジャケットです。

  • 系統:ダウンジャケット特化
  • 価格帯:5万円程度~の高級(セール時は最大50%OFF)
  • 年齢層:20代以上
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:最高級ダウン

モンクレール(MONCLER)はダウンジャケットが有名なフランス発祥のアウトドアブランド。

評判のダウンはカッコイイ・暖かい・高品質の三拍子が揃っています。
非常に評価も高いのですが価格も高いのがネック。

アイテム選びを間違わなければ羽織るだけで格好イイので初心者にも最適ですが、値段的にやはり中級者以上から挑戦するのが無難ですね。

67位:無印良品

無印良品の袋と靴下です。

  • 系統:カジュアル
  • 価格帯:1,000円程度~の激安(セールもよく行われている)
  • 年齢層:全世代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:オーガニックコットンなど素材にこだわったものも

素材や機能性にこだわり、なかには有名デザイナーがデザインした商品もあるのに低価格。
と、基本的なコンセプトはユニクロと似ていますね(笑)

ユニクロと比べると攻めたアイテムが少なく、全体的にシンプルで使いやすいデザインでまとめているぐらいの違いですね。

68位:コーエン

コーエンの通販サイトです。

  • 系統:アメカジ、カジュアル
  • 価格帯:3,000円程度~のお手頃(セール時は最大50%OFF)
  • 年齢層:10代~50代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:ユナイテッドアローズグループ

ユナイテッドアローズグループの低価格ラインのセレクトショップがCOEN(コーエン)。
また、きれいめ主体のその他のレーベルと違い、ゆったりとしたアメカジベースという変化も。

そのため、より広い世代に対応しています。

69位:Birdseye

バーズアイの長袖カジュアルシャツです。

  • 系統:アメカジ、ストリート、ちょいワル
  • 価格帯:9,000円程度~の高め(セール値引きはあまり行わない)
  • 年齢層:20代~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:玄人好みのセレクトショップ

下北沢に店舗を構える通好みのセレクトショップ『Birdseye(バーズアイ)』。
一般的な知名度はイマイチですがメンズファッション雑誌に登場するようなブランドを中心に取扱い。

具体的にはLOUNGE LIZARD(ラウンジリザード)・REMI RELIEF(レミレリーフ)・ACANTHUS(アカンサス)などですね。
系統的にはランキング上位で登場したカンビオに近いイメージです。

70位:プラステ

プラステです。

  • 系統:セカンドベーシック
  • 価格帯:4,000円程度~のやや高め(セール時は最大60%OFF)
  • 年齢層:10代後半~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:次世代セレクトショップ

PLST(プラステ)はオシャレだけでなく着やすさも追求した次世代セレクショップ。
セカンドベーシックをテーマにタイト過ぎない程良いシルエットを追求しています。

こちらは男性よりも女性からの支持が高いですね。
が、着やすくオシャレは男性にとっても魅力的なアイテムです。

71位:レイジブルー

レイジブルーのパーカーです。

  • 系統:アメカジとヨーロピアントラディショナルを融合
  • 価格帯:2,000円程度~のお手頃(セール時は最大60%OFF)
  • 年齢層:10代~20代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:学生ブランドと言われることも

グローバルワークと同じくポイントが運営するより若年層向けのファストファッションブランド『RAGEBLUE(レイジブルー)』。
価格帯の安さやデザインから学生ブランドと言われることも。

とはいえ、シンプルでキレイめなアイテムも揃っているので、社会人でもその辺をコーデに組み込んでいる男性もいます。

72位:GAS

GASのジーンズです。

  • 系統:デニム特化
  • 価格帯:10,000円程度~の高め(セール時は最大50%OFF)
  • 年齢層:20代~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:イタリア発信のデニムブランド

イタリア発信のデニムブランドでジーンズが評判のGAS(ガス)。
ディテールにこだわったデザインが評価されています。

とはいえ、同じイタリアのディーゼルと比べると知名度と人気は落ちますね(価格は安いですが)
また、ジーンズ以外のイタリアカジュアルも展開していますが、こちらもわざわざここで買う必要はないかと。

73位:アダムエロペ

アダムエロペのクルーネックです。

  • 系統:モード、キレカジ
  • 価格帯:7,000円程度~の高め(セール時は最大50%OFF)
  • 年齢層:20代半ば~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:JUNグループが展開するセレクトショップ

ランキング上位で登場した『ジュンレッド』などを展開するJUNグループ運営のセレクトショップがアダムエロペ(Adam et Rope’)。
世界各国からインポートブランドをセレクトしています。

また、オリジナル商品を含めてクセが強いデザインのものが多い。
価格帯も高く、初心者にはおすすめしないセレクトショップですね。

74位:サカゼン

サカゼン通販サイトです。

  • 系統:カジュアル、海外有名ブランド
  • 価格帯:ブランドによる
  • 年齢層:ブランドによる
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:大きいサイズも取扱い

SAKAZEN(サカゼン)は価格の安いメンズカジュアル・大きいサイズ・インポートブランドを軸にするショップ。
通販だけでなく店舗も展開しています。

スーツも充実しておりここ一つで一通り揃う反面、強みが分かりづらいショップでもありますね。

75位:ジャケットリクワイヤード

ジャケットリクワイヤードのパンフレットです。

  • 系統:大人カジュアル、きれいめ、コンサバ
  • 価格帯:8,000円程度~の高め(セール時は最大90%OFF)
  • 年齢層:30代以上
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:大人向けセレクトショップ

JACKET REQUIRED(ジャケットリクワイヤード)はカジュアル&ビジネスの高品質アイテムやブランドを中心に取扱う大人向けのセレクトショップ。
なので、価格は高いですね~

とはいえ、シンプルなデザインをアイテムの質の良さでお洒落に魅せるのでコーディネートに悩まずカッコよくまとめられます。

具体的に取扱っているブランドは、SAINT JAMES(セントジェームス)・INCOTEX(インコテックス)・THREE DOTS(スリードッツ)などです。

76位:A.S.M

ASMのブルゾンです。

  • 系統:ビタ男、お兄、エレカジ
  • 価格帯:3,000円程度~のお手軽(セール時は最大50%OFF)
  • 年齢層:20代~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:アトリエサブメンと統合して出来たブランド

A.S.M(エーエスエム)は元々は毛色が違うエレカジスタイルのアトリエサブメンとお兄系スタイルのA.S.Mが統合して出来たブランド。

二つのアイテムを同時に扱いつつ、現在は特にビタ男スタイルに力を入れていますね。

また、ブランドの中では屈指のリーズナブル価格も魅力です。

77位:KURO

KUROです。

  • 系統:デニム特化
  • 価格帯:15,000円程度~の高め(セール時は最大40%OFF)
  • 年齢層:全世代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:ジーンズが有名

KURO(クロ)はメイド・イン・ジャパンのジーンズにこだわったブランド。
2010年登場と新しいですが、そのクオリティの高さで評価されています。

メイド・イン・ジャパンのこだわりで品質や履き心地が良いのは分かるのですが、やっぱり高いのですよね~

78位:アニエスベーオム

アニエスベーのボーダーカットソーです。

  • 系統:フレンチカジュアル
  • 価格帯:7,000円程度~の高め(セールはあまりしない)
  • 年齢層:20代~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:パリのお洒落な普段着

アニエスベーオム(agnes b. HOMME)はフレンチカジュアルを代表するフランスブランド。
パリのエスプリが効いた派手すぎず地味すぎないデザインが評判。

肩肘張らないおしゃれが楽しめる反面、高いのがやっぱり気になりますね~
セールもあんまりしてくれないし。

79位:ビターストア

ビターストアビタ男コーデです。

  • 系統:ビタ男(お)
  • 価格帯:3,000円程度~のやや高め(セール時は最大70%OFF)
  • 年齢層:10代後半~40代前半
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:雑誌『BITTER』のオンラインウェブストア

ビタ男という新たなジャンルを確立したメンズファッション誌『BITTER』のオンラインウェブストアがBITTER STORE(ビターストア)。
ビタ男はセンスと色気がテーマとなっているスタイルです。

CavariA (キャバリア)・DOWBL(ダブル)・DEEP(ディープ)などのブランドを取扱っています。

80位:リーバイス

リーバイスのジーンズです。

  • 系統:ジーンズ特化
  • 価格帯:8,000円程度~のやや高め(セール時は最大70%OFF)
  • 年齢層:全世代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:デニムの定番

一昔前の日本ではジーンズ=Levi’s(リーバイス)といった意見も多かった圧倒的な存在(ちなみに海外では本場アメリカを含めてそこまでの存在ではない)

しかし、今ではそこまでの存在感は放っていませんね。
ユニクロのジーンズがレベルアップしたことで安さと機能性では太刀打ちできない。

正直、501などの定番モデルとユニクロの履き心地はあまり変わらないのでそれなら安い方となりがち。
かといって、プレミアム感を求めるなら他ブランドを買ってしまうという感じですね。

81位:アメリカンラグシー

アメリカンラグシーのシャツコートです。

  • 系統:モード、きれいめ
  • 価格帯:10,000円程度~の高め(セール時は最大30%OFF)
  • 年齢層:10代後半~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:アメカジ要素はなし

モードを感じさせるキレイめアイテムをメインで取扱うセレクトショップ『アメリカンラグシー(AMERICAN RAG CIE)』。
ショップ名のアメリカンから連想されるようなアメカジ要素はありません。

キレカジとは違う個性重視の人におすすめです。

82位:ステュディオス

STUDIOUS(ステュディオス)の公式サイトです。

  • 系統:モード
  • 価格帯:10,000円程度~の高級(セール時は最大30%OFF)
  • 年齢層:20代~30代
  • 対象:上級者
  • 特徴:日本ブランドにこだわったセレクトショップ

ステュディオス(STUDIOUS)はリアルスタイルモードをテーマにした日本のブランドにこだわったセレクトショップ。
そのため高いですね。

が、それだけに品質もデザインも突き抜けた商品が手に入るのが魅力です。

83位:フリークスストア

フリークスストアです。

  • 系統:アメカジ、カジュアル
  • 価格帯:5,000円程度~のやや高め(セール時は最大40%OFF)
  • 年齢層:10代~30代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:アメカジベースのセレクトショップ

アメカジベースのアイテムをメインに取扱うセレクトショップがフリークスストア(FREAK’S STORE)。
他にもカジュアル系などもあり。

アメカジは男性人気は高いですが、意外とオシャレに魅せるのが難しい(特に女性ウケ)
なので、ファッション初心者にはあまりおすすめしません。

84位:FOREVER21

FOREVER21です。

  • 系統:アメカジ
  • 価格帯:1,000円程度~の激安(セールが頻繁に行われる)
  • 年齢層:10代~20代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:ロサンゼルス発のファストファッションブランド

FOREVER21(フォーエバー トゥエンティーワン)はロサンゼルス発のアメカジ系ファストファッションブランド。
定価が安いのに加えてセールも多い激安さがウリです。

ただ、ユニクロなどと比べても品質はイマイチですね。
また、クセが強いアイテムも多いので初心者向きでもありません。

85位:TOKYOlife

TOKYOlifeの長袖カジュアルシャツコーデです。

  • 系統:大人カジュアル、コンサバ、アウトドア
  • 価格帯:10,000円程度~の高級(セール時は最大70%OFF)
  • 年齢層:30代以上
  • 対象:上級者
  • 特徴:上品大人ライフを提案するセレクトショップ

TOKYOlife(東京ライフ)は大人のための高品質アイテムを取扱うセレクトショップ。
Jedia(粋な大人スタイル)・TOKYO Wheels(サイクリング)・HUMIDiT(リラックスカジュアル)など、テーマごとにアイテムや情報を発信しているのも特徴です。

価格は高級な部類の入るのでなかなか手が出せませんね。
ただ、常に値引きしているアウトレット商品もあります。

86位:GAP

GAPです。

  • 系統:アメカジ
  • 価格帯:4,000円程度~のやや高め(セールが頻繁に行われる)
  • 年齢層:全世代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:ファストファッションブランドのパイオニア

ユニクロも経営モデルを参考にしたファストファッションの先駆者的な存在がGAP(ギャップ)。
アメカジベースのアイテムをセール価格で安く提供する。

が、実はセールになってない商品はそれほど安くないのですよね~
また、特徴も考えて日本人により合うユニクロでいいんじゃないかと思えるショップ。

87位:ロクステ

ロクステ ブルーのグラデーションシャツです。

  • 系統:ストリートカジュアル
  • 価格帯:1,000円程度~の激安(セール時は最大30%OFF)
  • 年齢層:10代~20代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:若者向けのモテ服

若年層向けのモテ服を中心に取扱うのがロクステbyベストマート。
激安という点がROCK STE(ロクステ)の最大の特徴ですね。

ただ、個性的なアイテムが多いので着こなしは難しいです。

88位:クオーレ

クオーレのフォーハンドです。

  • 系統:セレブカジュアル、アメカジ、ちょいワル
  • 価格帯:7,000円程度~の高め(セールは少なめ)
  • 年齢層:30代以上
  • 対象:上級者
  • 特徴:話題のメンズブランドを取扱うセレクトショップ

CUORE(クオーレ)はM・マーブルズ・フォーハンドなどの話題のメンズブランドを取扱うセレクトショップ。
腕時計にも力を入れており、ガガミラノ・トレアッカなども置いています。

メンズファッション雑誌『LEON(レオン)』や『Safari(サファリ)』掲載アイテムを取扱うなどお金を持っている人じゃないと辛いセレブカジュアル。

89位:ジーンズメイト

ジーンズメイトです。

  • 系統:アメカジ、ジーンズ
  • 価格帯:1,500円程度~の最安レベル(セールを頻繁に行う)
  • 年齢層:全世代
  • 対象:初心者
  • 特徴:ジーンズ中心のカジュアルチェーン店

ジーンズメイト(JEANS MATE)はその名の通り、かってはエドウィン・リーバイス・リーなどのジーンズを中心に一世を風靡したカジュアルチェーン店。
が、時代は変わりデニム人気が低迷。

そこからトップス・アウターなどの他アイテムにも力を入れましたが成功したとは言えない状況。
正直、ファッションに興味ない人や初心者が安いからとりあえず買うというイメージが強いですね。

90位:MinoriTY

マイノリティのストリートカジュアルコーデです。

  • 系統:ストリートカジュアル、ユニセックス
  • 価格帯:1,500円程度~の最安クラス(常時アウトレットセールあり)
  • 年齢層:10代~20代
  • 対象:中級者以上
  • 特徴:遊び心と日本製にこだわっている

ユニセックスアイテムも多いなど、遊び心を重要視している通販ショップ『MinoriTY(マイノリティ)』。
値段も安く懐に余裕が少ない若年層に優しくなっています。

ただ、デザインやアイテムのクセが強いため着こなしは難しめですね。

91位:Style Block MEN

メンズスタイルブロックです。

  • 系統:モテ服
  • 価格帯:1,000円程度~の激安(セールは少なめ)
  • 年齢層:10代後半~30代
  • 対象:初心者
  • 特徴:女の子ウケ特化

女子・女性ウケを狙ったモテ服を中心にラインナップする通販ショップがスタイルブロックMEN(Style Block MEN)。
系統にこだわるというより、その時代に女の子ウケしやすい服を揃えるといった感じ。

激安価格なので気になるものがあればといった感じですね。

92位:ARCADE

Aメンのタンクトップです。

  • 系統:カジュアル、モテ服
  • 価格帯:1,000円程度~の激安(セールは少なめ)
  • 年齢層:20代~30代
  • 対象:初心者
  • 特徴:大人向けのモテ服ショップ

ARCADE(アーケード)はより大人の男性をターゲットとしたモテ服通販ショップ。
そのため、無難でシンプルなアイテムが多いですね。

激安だけどここで敢えて買う決め手に欠く印象があります。

93位:しまむら

しまむらの公式サイトです。

  • 系統:カジュアル
  • 価格帯:1,500円程度~の最安クラス(セールが頻繁に行われている)
  • 年齢層:全世代
  • 対象:初心者~上級者
  • 特徴:ネット通販は行ってない

ユニクロに次いで国内では勢力を拡大していうのがこのしまむら。
ただ、店舗が郊外中心・ネット通販を行ってないことから歩き移動がメインの僕はあまり縁がないのですよね~

近くにあれば利用するといった感じでしょうか。

メンズカジュアルブランドおすすめランキングまとめ&スーツ編

いや~、多いですね~!
利用したことがある所だけにまとめたのですが。

これからさらに増えることは間違いないので軽く100位は超えるでしょうね。
どこまで増えることやら。

メンズカジュアルファッションの感想ツイート