それNG!30代以上がやりがちなダサい時代遅れなメンズファッション
タク

時代遅れには敏感タクです。

なぜなら、それは色々な損を生み出してしまうから。

その他のことはもちろん、ファッションでもダサいNGな服装をしてしまうリスクがあり。

特に30代以上の男性は要注意です。

ここではその理由について解説します。

30代以上の男性が陥りやすいダサいNGメンズファッション

これは初心者よりも、むしろ一時期服にハマっていた男性ほどハマりやすい。

それは時代遅れのファッションをしてしまうこと。

レディースほどじゃないにしろ、メンズファッションでも流行はあります。

つまり、現在もトレンドをチェックしてないのなら、今のあなたは時代遅れのダサいファッションを知らずにしている可能性がある。

10代・20代の学生時代などは流行の服を着てブイブイ言わせていた。

けれど、社会人になってから忙しくなったとか、結婚して自由にお金を使えなくなったからと、昔のようにファッションにお金も時間もかけなくなった人は多い。

そういった30代以上の男性がよくやりがちなのが、昔のファッションをそのままの着こなしをする。

物持ちのいい人であれば、昔のアイテムをそのまま着ている人もいるでしょう。

しかし、ざんねんながら時代は移り変わっていくもの。

特にファッションは流行の影響を受けるもの。

つまり、昔のままあなたのファッションセンスをアップデートしなければ、今ではNGなダサいファッションをしている可能性はグッと高まります。

ここからはその典型的な失敗例と、今では絶対に避けたい着こなしを紹介していきます。

その時代の流行ファッション

30代以上の男性がやりがちなダサいNGメンズファッション①は、

自分が洋服にハマっていた時代の流行ファッションをし続けること。

例えば、2000年代前後に流行ったファッションでは、装飾が派手なヴィジュアル系とか、ネルシャツにライトブルーのジーンズのキムタクコーデなど。

2010年代に入ると、もっとシンプルにチェスターコートにスキニーパンツを合わせたり、デザインもカラーにシンプルにするノームコアなども流行りました。

しかし、現在はこれらのファッションをする人は激減。

ファッションの流行の移り変わりは激しいですから、こういった流行ファッションはすぐに時代遅れになってしまいます。

が、こういった流行ファッションって、ハマると手応えが大きいのですよね。

特に学生時代なんかは異性の目もあるため、男性でもファッションにハマる人が多い時期。

その時に流行のファッションをして周りから褒められたりしたら、強烈な成功体験となって記憶に残ります。

そして、そのイメージのまま、今もそのファッションを続ける。

けれど悲しいかな、流行は過ぎてて今ではおしゃれどころかダサいとさえ思われるNGファッションになっていた。

こういったパターンにハマってしまう30代・40代・50代の男性は意外と多くいます。

 

業界&ショップ店員コーデはほぼ時代遅れ

当時の流行ファッションをそのまま着ない。

このパターンで行くと、もっとも危険なのが業界&ショップ店員コーデ。

これらの一般人よりもさらに先を行く、流行最先端のファッションだからです。

それだけに尖がったコーデも多いので、トレンドが過ぎてしまうダサいと通り越して痛いNGファッションの代表格になってしまうこともあります。

分かりやすいのがバブル時代のテレビマン、腰や肩にセーターを巻くプロデューサースタイルですね。

ああいったコーディネートは今ではネタでしかやってませんから。

あれぐらい分かりやすいと、さすがに今やる人はほとんどいないと思いますが、問題は一般的にはそこまで有名じゃないスタイル。

例えば、ショップ店員がしていたスタイル、もしくはそんなショップ店員から今流行だといって提案されたコーデなど。

2010年代だったら、オープンカラーシャツ×ワイドパンツ×靴にドクターマーチンなどのコーディネートが流行りました。

これもさすがに今ではあまり見ないですが、プロデューサースタイルほどパッと見でパンチが効きまくったスタイルでもないので、知らず知らずに今もこのコーディネートをしている人もいるはず。

ファッションに興味があって、よっぽど親しい人なら指摘してくれるかもしれませんが。

前に褒められたからといって、昔の流行の着こなしは今ではやらない方が無難です。

 

キレイめ&アメカジなら安心の罠

男

昔の流行のファッションが時代遅れになりやすいなら、定番のファッションなら大丈夫だろう。

なかにはそう思った人もいるんじゃないでしょうか?

定番スタイルなら流行り廃りもないので安心…という印象がありますが、実はここにも罠が隠されています。

キレイめやアメカジといった定番スタイルもマイナーチェンジしていますから。

一番分かりやすいのアイテムですね。

例えば、キレイめスタイルの代表格といえば白シャツ。

今ではシンプルでナチュラルな白シャツが一般的ですけれど、2000年代あたりの頃は光沢感のあるカチッとした白シャツなども主流でした。(もちろん、普通の白シャツもこの頃にもありました)

仮にキレイめスタイルといったら、こっちのイメージが強い場合、今のきれいめコーデからは外れたスタイルになってしまいます。

この辺はアメカジなんかでも同じですね。

大枠は同じなんですが、生地感や細かいデザインが時代によって違ったりします。

僕の知り合いにも、定番スタイルなら大丈夫だろうと、昔買ったアイテムをずっと着続けている。

でも、なんかズレて見える。

そして、それが30代・40代と年齢を重ねるごとにその違和感が大きくなる。

それがこのマイナーチェンジの部分。

流行ファッションと比べると、一目でダサいと分かる時代遅れなNGファッションではありませんが、オシャレを気にするのであれば、定番スタイルであっても何十年も前の服をそのまま着続けるのはやめましょう。

 

時代で変わるサイズ感

あと、何気に侮れないのがサイズ感。

上級コーデでゆったりとした着こなしをする場合もありますが、服は基本ジャストサイズで着るのがベスト。

これだけでよっぽどデザインのおかしな服でも着ていない限りは、そこそこオシャレに魅せることも出来ます。

ただし、服のサイズ感というのも時代によって変わってくるから厄介。

ゆったり目が流行っていた時期はジャストサイズでも少しゆったりとしているし、タイトめが流行っていた時期はジャストサイズでもスマートなデザインが多い。

そして、この周期はけっこうコロコロ変わるのですよね。

ゆったりかタイトかによって、袖や裾の長さなんかも変わってくるから、見た目の印象も大きく変わる。

古い服を大事に着続けている場合は、この辺のサイズ感の違いにも注意しないといけない。

また、服にハマっていた時がタイトやゆったりが流行だった場合、自分ではジャストサイズで着ているつもりでも、前のクセでわざわざ今のジャストサイズから変更して、タイトやゆったり着ている人もいます。

そこは前のノウハウは忘れて、その時代のジャストサイズに合わせるようにしましょう。

 

タイトコーデは危険

今はサイズ感で特に危険なのはタイトコーデですね。

ひと昔前にタイトコーデが流行ったことから、今でもピッチリしたスキニージーンズにピッチリしたシャツを着る人がいます。

当時はそれによって身体のラインが美しく見えるなんてもてはやされていましたが、今ではダサいどころか女性からは気持ち悪いと思われることもある危険な着こなしです。

サイズ感は時代によって変わりますが、ゆったりめよりも周りの目が厳しくなるのがタイトコーデ。

また、年齢が上がると共にさらにNG度も増していくため、常に流行をチェックしていない人以外はやらない方が無難な着こなしです。

流行っている時にドンピシャで合わせないと、まずオシャレとは思われないファッションですから。

過去の成功体験を引きずらない

過去の成功体験は忘れましょう。

これは全ての失敗例で共通するアドバイス。

というより、これはファッションに限らず、全てのことにおいて共通することです。

過去の成功体験を引きずっても一つもいいことはありません。

時代は常に進化しているからです。

一からまた学び直すのは面倒だし、昔は出来ていたという悔しい気持ちもあると思いますが、それらは全て忘れましょう。

新しく成功するためには新しくチャレンジしないといけませんから。

また、過去の知識やノウハウもまったく無駄というわけではありませんから。

新しく今のトレンドをチェックしてみると、その中には過去と通じるものもあったりします。

なにしろ、ファッションの流行は一定の周期で繰り返されていますから。

それでも、どうしても一から学び直すのは面倒だし時間がないのであれば、人に任せてしまうのも一つの手。

今は他人のコーデをそのまま取り入れるサービスなんかも格安で展開されています。

無料あり!メンズファッション初心者専用の最強ショップ

ファッション初心者に一番おすすめなはショップはユニクロではありません。

ユニクロ以上に初心者におすすめなショップは初心者専用のショップ。

ユニクロやブランドに比べると全く知名度がありませんが、ファッション初心者のためのサービス・アイテム・コーデ情報やノウハウのすべてが詰まっています。

しかも、書籍並のノウハウ量がありながら、情報量はタダ。

買物に失敗しなくない人、おしゃれはしたいけど勉強するのが面倒な人なら、利用しないのは損。

メンズファッション初心者専用ショップを見る