【ユニクロ以外】コスパ最強のおしゃれだけど安いメンズブランド服
タク

ブランド服は好きだけど、価格でやはり躊躇しちゃうタクです。

でも、ユニクロ以外のブランドも着たい!

今回はそんな人のために、おしゃれだけど価格は安い。

そんなコスパ最強のメンズブランドを5選紹介します。

コスパ最強はユニクロだけど…

オシャレで安い!そんなコスパ最強のブランドといえばユニクロ。

ユニクロを一番に思い浮かべる人も多いでしょう。

日本が世界に誇るブランドですからね。

品質がいいのに低価格。

シンプルで使いやすいので、メンズでもレディースでも、世代を問わずに利用できる。

昔はファッション性にツッコミを入れられていましたが、そこからどんどんデザイン性も向上。

Uniqlo U (ユニクロユー)を筆頭に、有名ブランドや有名デザイナーとのコラボもガンガン行って、今ではおしゃれブランドとして名前を挙げる人も多い。

結果、おしゃれに興味がないファッション初心者だけでなく、上級者でもユニクロの服をコーデに取り入れるのも珍しくない。

が、それだけに着ている人が多いというネックもあります。

街を歩けば、ユニクロを着ている人をすぐに見つけることができるぐらいに。

ユニクロもいいけれど、たまには周りと差を付けてブランドの服を着てみたい。

けれど、ブランドの服は高くてなかなか手が出ない!

今回はそんな人のために、ブランドの中では安くて、さらにオシャレなところを5つ紹介します。

GUやH&Mなどもなしで

さて、ユニクロ以外の安いブランドと聞くと、こう考える人も多いのではないでしょうか?

男

GUやH&Mといった有名どころだったら知ってるよ~。

と。

ユニクロほどではないしろ、この辺の有名どころのファストファッションブランドは知っている人も多いと思うので、今回の紹介からは外します。

具体的には、

など。
今回はこれら以外から5つ紹介します。

コムサイズム

1つ目のブランドはコムサイズム

百貨店やパルコなどのファッションビルにもよく入っているブラックとモードデザインを意識して昔から人気のある『コムサ』のファミリー向け低価格ブランド。

ユニクロなどと比べると店舗は少ないですが、場所によってはモールに入っているので、今回紹介する5つの中では一番知名度が高いかもしれません。

モール買物に来たときに、奥さん・子供と一緒に、お父さんもちょっといいブランド服を買う。

そんな狙いで展開されているメンズブランドです。

ただ、現在は通販で購入する人も増えたことにより、もちろんおしゃれ好きのお父さん以外の男性をターゲットとしたアイテムもたくさん揃っています。

コムサと同じく、黒を基調としたアイテムにお洒落なものが多い。

ジャケット系やパンツ系は定番ですが、カットソーなんかもモード感が強い、他ではあまり見ないデザインのものが揃っています。

シンプルで黒でカッコイイ、または個性的なデザインを求めている人におすすめのブランドです。

価格帯もユニクロよりもちょっと高いぐらい、Amazonなどではセール品もけっこう出ているので、割引価格で買えばユニクロ並の商品もけっこうあります。

THE SHOP TK

2つ目のブランドはTHE SHOP TK

こちらも百貨店やファッションビルに入っている定番ブランド『タケオキクチ』の低価格ブランド。

タケオキクチが大人向けの落ち着いたデザインで高品質をウリにしているのなら、THE SHOP TKは10代・20代に向けたアイテムが多い。

シンプルでキレイなデザインを中心としたメンズブランドとなっています。

デザインの見た目的にはユニクロに近いものがあるので、同じく年齢を問わずに着こなしやすいのが魅力。

しかも、価格帯も値引き前からユニクロに近い。

メンズブランドの中でも屈指の安さを誇る。

基本価格はコムサイズムよりも全体的に安いですが、セール面ではコムサイズムに軍配が上がる形。

ユニクロの延長線上で、無理なくさり気ないオシャレを楽しむ。

そんな人におすすめのメンズブランドです。

ジュンレッド

3つ目に紹介するメンズブランドはジュンレッド

ジュンレッドはメンズファッションに詳しい人なら知っている人も多い、こちらも百貨店やファッションビルによく入っていたジュンメンのセカンドブランド。

もともとは価格がお高いジュンメンを中心に広く展開していたのですが、価格の安いユニクロがどんどんファッション性と高めて存在感を増してきた。

そんなユニクロに対抗して立ち上げられたのがジュンレッド。

ブランドの割に安い価格帯がハマって、メインブランドであるジュンメンがなくなり、今ではこのジュンレッドの方がメインとなりました。

ユニクロに対抗して立ち上げただけあって、通常価格からユニクロに迫るメンズブランド屈指の価格帯。

しかも、シンプルさをメインとしたユニクロと違い、ジュンレッドはストリートカジュアルをベースとした個性的なデザインやシルエットのアイテムが多い。

見た目から一発でユニクロと違う!というのが分かるブランドとなっています。

a.v.v HOMME

4つ目に紹介するメンズブランドはa.v.v HOMME(アー・ヴェ・ヴェオム)

ミッシェルクランオムMKオムなどを展開するイトキンのファミリー向けブランドとなっています。

今まで紹介したブランドの中では、展開している店舗数も少ないので、ここからはグッと知っている人も減ってくるんじゃないでしょうか?

が、その品質とおしゃれさは実際に購入して検証済みなので安心してください。

a.v.v HOMMEは、リーズナブルな大人ヨーロピアンといった感じのブランド。

より分かりやすく言うなら、20代後半~40代をターゲットとしたキレイめスタイル。

ユニクロと比較すると、よりキレイめ感を強調したようなデザインが特徴です。

先に紹介したコムサイズムやジュンレッドと比べると派手さは抑えめ。

けれど、THE SHOP TKよりは見た目からユニクロとの違いが分かりやすいデザイン。

価格の方はユニクロよりもちょっと高め、けれどセールが多いのでそれを利用すればユニクロ並の価格で購入することも可能です。

A.S.M

最後に紹介する5つ目のメンズブランドは、A.S.M(エーエスエム)

今回紹介した5つの中ではもっとも知名度が低いんじゃないでしょうか。

A.S.Mは、もともと毛色が違うエレカジスタイルのアトリエサブメンとお兄系スタイルのA.S.Mが統合して出来たブランド。

アトリエサブメンはマルイなどのファッションビルに入っていたブランドなので、こっちは知っている人もいるかもしれません。

統合してからは、色気重視のエレカジスタイルと、ワイルドで派手なお兄系&ビタ男スタイルの両方を取り扱っているブランド。

ジュンレッドのストリートカジュアルよりも、さらに攻めたデザインが特徴となっています。

この辺、好みは大きく分かれると思いますが、シンプルの真逆をいくような見た目で、ユニクロとの違いをハッキリと魅せやすい。

けれど、シンプルなアイテムとも組み合わせられる派手さのギリギリを攻めているブランドですね。

特にエレカジスタイルの方ならコーディネートに組み込みやすい。

また、価格を見てもらえば分かる通り、今回紹介した5つのブランドの中でも屈指の安さという魅力もあり。

ユニクロとほとんど大差ない値段となっているため、懐にも優しいというのは非常にありがたい。

メンズファッションブランド&ショップおすすめランキングへ

無料あり!メンズファッション初心者専用の最強ショップ

ファッション初心者に一番おすすめなはショップはユニクロではありません。

ユニクロ以上に初心者におすすめなショップは初心者専用のショップ。

ユニクロやブランドに比べると全く知名度がありませんが、ファッション初心者のためのサービス・アイテム・コーデ情報やノウハウのすべてが詰まっています。

しかも、書籍並のノウハウ量がありながら、情報量はタダ。

買物に失敗しなくない人、おしゃれはしたいけど勉強するのが面倒な人なら、利用しないのは損。

メンズファッション初心者専用ショップを見る