【NG30代男性】メンズスーツを安いだけで選んでませんか?ダサいを避けるブランドと着こなし
タク

スーツは安さとおしゃれさを両立させたいすやまたくじです。

今回はそんな30代男性が避けたいメンズスーツの選び方について。

これはダサい!という例と、逆におしゃれになるための着こなしとおすすめのブランドも。

もちろん、高級ブランドじゃなくてもOKです。

30代男性のおしゃれに必要なこと

30代の男性のオシャレは、10代・20代とはまったく違ったものになってきます。

というのも、10代・20代は服のデザイン性やコーディネートで、おしゃれかどうか判断されがちだから。

もちろん、これらは30代になってもファッション評価の一つですが、30代以上になってくると、ここに品質も加わってきます。

世間一般的には30代は10代や20代と違って、会社での地位が上がり、収入も増えると考えられるから(実際に上がるかどうかは別として)

そして、収入に余裕ができたら、服装にもお金をかけると考える。

だから、30代以上の男性のファッションは品質も見られるということ。

しかも、デザインと違って、品質はファッションに興味がない人でも、ある程度見れば分かる。

スーツはカジュアル服以上にその違いが分かりやすいという特徴もあります。

そのため、30代以上のある程度の年齢の男性が、品質の低いスーツを着ていると、収入が低いんだなと思われることも珍しくありません。

多くの人は最初にその人の見た目で判断しますからね。

とはいえ、逆を言えば、品質のいいスーツを着ていれば、30代以上の男性はそれだけで、オシャレさや信頼感、さらには仕事ができると思われることすらあるのです。

30代以上の男性が品質にこだわるべき理由はここにあります。

ダサい30代男性がやりがちなこと

逆に30代以上の男性が避けたいNGは、服装に無頓着であること。

先ほども言った通り、人はまずは見た目で他人で判断します。

30代に限らず、ここが分かっていない人は、ファッションや身だなしに全く興味をもたない。

結果、周りからの評価はダサいとなってしまう。

しかも、仕事で着るスーツの場合、ダサいだけでなく、信頼感のダウンにも繋がるから、ビジネス的にもマイナス。

スーツの基本を押さえて、身だしなみを整える。

これだけでも清潔感がアップし、見た目の印象や信頼感はグッと上がります。

30代以上の男性であれば、ここに品質も加えると完璧。

逆にダサいとカッコウの30代男性は、おしゃれさ・清潔感・信頼感・収入、これらすべての評価を落とすことにも繋がるので要注意。

メンズスーツのおしゃれの基本

では、メンズスーツのおしゃれの基本はどういったことでしょうか?

それは、サイズを体型に合わせ、流行から大きく外れない、年代に合わせたブランドを着ること。

よりファッションが複雑なカジュアル服と違い、スーツはこの3つだけを押さえておけばOK。

簡単ですよね。でも、この簡単なことが出来ていない人が非常に多い。

だからこそ、この3つが完璧に出来ているだけでも、周りと大きく差を付けることができます。

1つのサイズを体型に合わせるは、一番簡単そうに見えて、おしゃれに興味がない人の多くが出来ていない。

なぜなら、ファッションに興味がない人は楽に着れることを優先して、1サイズや2サイズぐらい普通に大きめにしたりするから。

カジュアル服ならオーバーサイズなどもあるので、まったくなしとは言いませんが、スーツは体型にピッタリと合わせた時に、もっとも美しく見えるようにデザインされた服。

そのため、サイズが合っていない場合は、その芸術的なフォルムが崩れてしまうのです。

サイズをピッタリと合わせている人と美しく着ている一方、サイズが合っていない人はダルダルに着ている。

どっちがおしゃれかは一目瞭然ですね。

2つ目の流行から大きく外れないは、普通ならほとんどの人が出来ること。

スーツはカジュアル服ほど大きなトレンドはないとはいえ、毎年少しずつマイナーチェンジしています。

なので、定期的にスーツを買い替えていれば、よっぽど流行なんて関係なしのよく分からないお店で買わない限り、2つ目はクリアできます。

問題は同じスーツを何年も着続けている人ですね。

10年以上は当然として、5年以上着ていれば、流行から大きく外れたスーツを着ていると思った方がいいでしょう。

ちなみに、スーツの耐用年数は3年~5年なので、品質的にも5年以上着るのはNGです。

3つ目の年代に合わせたブランドを着ることも、スーツにおいてはカジュアル以上に重要。

最初に解説した通り、30代以上の男性は品質も求められるため、ある程度の品質のブランドやショップを選ぶのが基本。

逆に10代・20代で高級ブランドを着ると、周りの評価はマイナスになる。

この辺は周りの嫉妬などの感情に関わる部分ですが、わざわざ高いお金を出してマイナス評価ではもったいないですからね。

年代に合わせて、ブランドやショップを変えて行くのが賢い買物の仕方です。

百貨店や高級ブランドスーツは必要はない

品質にこだわるといっても、百貨店に入っているような高いお店や高級ブランドで買う必要はありません。

これらはもちろん品質は高いですが、ブランドにはブランド料というのが価格に加算されていますから。

ブランドとしてのイメージを保つため、百貨店などの賃料が高い場所でお店を出す、広告費などなど。

こういった料金もプラスされているから、高級ブランドは品質以上に価格がなっている。

そして、30代以上のメンズスーツのおしゃれや信頼感を高めるものは、高級ブランドであるかどうかはあまり関係なく、品質がいいかどうか。

つまり、高級ブランドでなくても、高級ブランド並に品質が良くて、価格がリーズナブルなところで買えばいいのです。

高級ブランドでなければ、ブランド料が上乗せされてない分、同じ品質でも価格はかなり安くなりますから。

30代におすすめなおしゃれ&安いブランド

30代男性に一番おすすめなおしゃれ&安いショップはユニバーサルランゲージ

ユニバーサルランゲージはブランドではなく、洋服の青山と同じ青山系列が運営しているセレクトショップ。

そこまで知名度は高くないので、知る人ぞ知るって感じのショップ。

その最大の特徴は、百貨店や高級ブランドで軽く10万円は超える高品質アイテムを、リーズナブル価格で提供してところ。

半額以下の価格になっていることも珍しくありません。

知名度やブランド力にお金を使ってないショップのため、ブランド料が上乗せしてないからこそ出来る価格帯ですね。

逆にいえば、ブランドは想像以上にブランド料を上乗せしていることが分かると思いますが、ファッション業界ではこれが普通。

なので、安く高品質アイテムを手に入れるのなら、ユニバーサルランゲージが一番。

他には、スーツ量販店も実は侮れない存在。

というのも、量販店はたくさん商品を作っている分、コストダウンができるため価格が安くできる。

さらに、たくさん生産することでノウハウも貯まり、品質も向上するというメリットがあります。

ユニクロが価格の割に品質が高いのはこのためですね。

そして、スーツ界のユニクロといえば、世界No.1にスーツを売っている洋服の青山。

スーツ量販店の中でも一番信頼できるブランドです。

洋服の青山の中にも、価格の高いスーツと安いスーツがありますが、高いスーツは当然品質も高いため、30代以上になったらそっち選べばいいのです。

高いといっても、百貨店や高級ブランドと比べるとかなり安いですから。

また、洋服の青山はデザインがかなり保守的なので、よりお洒落なスーツが欲しいなら、同じ青山系列でデザイン重視のスーツカンパニーがおすすめ。

スーツカンパニーも基本は洋服の青山と同じく、高い商品と安い商品があるので、高い方を選べばOK。

ユニバーサルランゲージも含めて、高品質アイテムを安く手に入れたいのなら、青山系列のショップが一番ですね。

どうしてもブランドの中から選びたいのであれば、コムサイズム・五大陸タケオキクチが、ブランドの中ではリーズナブルで品質も高い。

この記事を書いた人

すやまたくじ

モテたくて服に300万円以上使って、ショップとブランドを徹底研究。
結果、ファッションコラムで執筆する機会もできました。
難しいコーデ術は一旦置いて、最短で女性ウケがいいノウハウを紹介します。

詳しいプロフィール
お問い合わせ