LANVIN en Bleu(ランバンオンブルー)の特徴一覧

ランバンオンブルー公式サイトです。

独自の分析評価に加え、口コミや評判などから特徴をまとめています(o^-‘)b

  • ランバンの日本向けラインブランド
  • ランバンは歴史あるフランスブランド
  • シックで生意気がキーワード
  • モード+キレイめのクセがあるデザイン
  • メイン年齢層は20代~30代

グラフで総合評価

LANVIN en Bleu(ランバンオンブルー)は、バーバリーと並んで歴史あるランバンの日本向けライン

ライセンスブランドらしく、本家ランバンの要素を取り入れているというより、日本独自のエッセンスが入っていますね(笑)

まあ、フランス人と日本人では体型や感性が違うため、そのまま取り入れても日本では売れないと思いますが。

ただし、ランバンオンブルーもデザインのクセは非常に強く、着こなすのはなかなか難しいブランドです(^_^;)

ランバンオンブルーを独断と偏見で徹底評価

ランバンオンブルー公式サイトアイテムです。

ここからは僕の独断と偏見で、LANVIN en Bleu(ランバンオンブルー)を徹底評価していきます(o^-‘)b

ちなみにランバンオンブルーは僕が北九州市に戻って来てからちょくちょくチェックするブランド。

東京在住時代は全く縁がありませんでしたが、見てみると魅力的なアイテムが多いのですよね♪

イマイチなポイント

一番イマイチに感じる評価ポイントは、クセの強いデザインと価格の高さでしょうね( ̄д ̄)

モードを感じさせるクセが強いデザインは着こなすのがなかなかに大変。
ただし、着こなせればとてもお洒落なので、ここは利点でもありますね♪

問題は価格帯の高さでしょうね。
ここまで価格が高いとなかなか手が出しづらいですから(汗)

夏や冬にセールは行っているので、そこが他のブランド同様狙い目です( `ー´)ノ
セール対象品が少し少ないのがざんねんですが・・・。

良いと思えるポイント

一番良いと思える評価ポイントは、その独特の個性的なデザイン☆

クセがあって着こなしづらく、さらにアイテムの当たり外れも多いのですが、当たりアイテムを着こなすとかなりお洒落
個人的にシューズ系にお洒落なアイテムが多いかなと思います(o^-‘)b

逆に気をつけたいのがパンツ系。
けっこうクセの強いアイテムが多いので、アイテム選び&着こなしのどちらも大事です( `ー´)ノ

まとめると、おすすめでない人はデザインや価格面からファッション初心者。
おすすめな人はクセのあるアイテムをお洒落に着こなす自信がある人となります。