ブラックレーベル・クレストブリッジの特徴一覧

バーバリー・ブラックレーベルのジャケットです。

独自の分析評価に加え、口コミや評判などから特徴をまとめています(o^-‘)b

  • バーバリー・ブラックレーベル時代は高い人気
  • トラッド系のきれいめアイテム中心
  • カラーはその名の通りブラックが多い
  • 年齢層は25歳~35歳向け
  • バーバリー・ブラックレーベルから名前を変更

グラフで総合評価

ブラックレーベル・クレストブリッジは、三陽商会がバーバリーからライセンス契約を結び展開していた『バーバリー・ブラックレーベル』の後継ブランド

当初はバーバリー・ロンドンのみを展開していましたが、重厚なイメージと価格の高さから若年層からの支持はイマイチ。

そんな状況を打破するために生まれたのが、25歳~35歳向けブランドのバーバリー・ブラックレーベル。

この狙いが見事に当たり、今では日本で最も人気のあるブランドの一つへと成長しました( `ー´)ノ

ライセンス契約が2015年で終了し、それ以降はブランド名からバーバリーの名前が外され『ブラックレーベル・クレストブリッジ』に変更となりました。

ブラックレーベル・クレストブリッジを独断と偏見で徹底評価

バーバリー・ブラックレーベルの名刺入れです。

ここからは僕の独断と偏見で、ブラックレーベル・クレストブリッジを徹底評価していきます(o^-‘)b

ちなみに僕はこのブランドはバーバリー・ブラックレーベル時代からよくチェックするのですが、あまり買物はしないのですよね。

別にデザインが嫌いとかではないのですが、価格が高い上にセールを一切しなかったので(ブランド名が変わってからはするように)

イマイチなポイント

バーバリー・ブラックレーベルの名刺入れの箱です。

一番イマイチに感じる評価ポイントは、価格が高い&バーバリーの名前が外れて人気が落ちたという点( ̄д ̄)

ブランドの中でも価格が高めなので、購入する時はなかなかの勇気が入ります(汗)

一番最初の画像のジャケットなんかは5万円ぐらいしたので、購入する時はかなり迷いましたし(笑)

前は価格が安いわけではない、なのにセールは一切行わない。
これでよくバーバリー時代はあんなに人気があったなと逆に感心してしまいます(脱帽)

そして、長年続いていたバーバリーとのライセンス契約が終了し、ブランド名からバーバリーが外れて一気に人気が低迷した。
バーバリーの名前が外れることでここまで人気に陰りが出るとは・・・。

良いと思えるポイント

一番良いと思える評価ポイントは、非常に女性受けが良いブランドという点☆

特に好きでもないのに、僕が5万円もするジャケットは全てこのためです!(笑)
トラッド系のシンプルなきれいめデザインは女性受けが良く、さらにバーバリー・ブラックレーベルはそのブランド自体も女性受けが良かったのですよね♪

名前が変わってとはいえ、デザインなどのコンセプトなどはそのまま受け継いでいますから。

ただし、ブラックレーベル・クレストブリッジになって人気が落ちたのが気になりますが、その分、超人気ブランドというミーハー感は落ちたのがメリットですね。

バーバリー時代は人気な分、逆に批判するアンチ層も非常に多かったですから(汗)
また、メンズファッション上級者はなぜか女性ウケを嫌う人が多く、そういった層からの批判も多めだった( ゚д゚ )

そういったミーハー感が減ったことで、純粋なデザインの一般層&女性ウケはトップクラスの存在となったのは大きいですね。

まとめると、おすすめでない人は価格やバーバリーの名前が外れたのが気になる人。
おすすめな人は、そんなことより女性受けを狙いたい、またはシンプルなトラッド系アイテムが欲しい人となります。