男性諸君!今すぐパンツ丈をチェック。夏に多いメンズコーデの失敗

夏のメンズコーデはパンツ丈を気を付ける

ロング丈パンツです。

夏のメンズファッションコーディネートの一番のポイントは涼しく見せること。
暑苦しいだけで、どんなにお洒落な服装をしていてもマイナス評価になってしまいます。

特に女性は男性以上に清潔感を重要視するため、暑苦しいとそれを上回るイケメンなどのポテンシャルがなければ女子ウケはほぼ狙えません。

で、上半身の服装トップスに関してはどの男性もほぼ問題ないのですよ。
問題は下半身のパンツや靴。

特にパンツ丈に関しては、街を歩けば暑苦しい男性満載ですね。
お洒落に興味がない人はもちろん、意外とおしゃれに興味がある人でもここが出来ていない人が多いのですよね。

上は涼し気なポロシャツを着ているのに、下は暑苦しいパンツや靴だったりと。
夏のメンズファッションコーデはパンツ丈で決まると言っても過言ではありません。

夏のメンズコーデの失敗例1:パンツ丈が長過ぎる

夏のメンズファッションコーディネートの失敗例1は、パンツ丈が長過ぎること。
一番多く見るパターンは最初の画像のパターンですね。

ロング丈(フルレングス)のデニムをそのまま夏にも履く。
ロング丈のジーンズが夏のパンツで一番暑苦しいです!

そもそもジーンズって、鉱山で働く労働者の作業用ズボンとして生まれ、すぐに擦り切れないことを重視したアイテム。
そのため、夏に適したパンツではないのですね。

夏用ジーンズならともかく、通常のタイプは通気性も悪く涼しくない、ごわごわしているので見た目も暑苦しい。
夏にもジーンズを履きたいのなら、せめて夏用のアイテムを用意しましょう。

わざわざ夏用のジーンズを買うのはお金がもったいない!という場合は、せめてパンツ丈でも調整しましょう(もちろん夏用でも)
写真のようにロールアップ(裾を巻き上げる)するだけでも、見た目の印象は大きく変わります。

ロールアップしたジーンズです。

ポイントはくるぶしが見える程度までロールアップすること。
ロールアップが足りないと暑苦しさが残りますし、ロールアップをやり過ぎると男性はすね毛問題が出てきます。

くるぶし辺りが夏のメンズパンツ丈でベストなポジションです。
もちろん、パンツをジーンズ以外にするとさらに涼しさアップ。

夏用のパンツを買うのが嫌なら、ロング丈のチノパンをロールアップしましょう。

ロールアップしたチノパンです。

ジーンズよりもごわごわ感がない&実際に生地が薄いチノパンの方が、体感的にも見た目的にも涼しさはアップします。
なので、お洒落・使い勝手の良さ・金銭面を考えると、男性人気が高いジーンズよりチノパンを揃えた方がコストが高いのです。

それにしても、僕もそうなのですが、ジーンズってどうしてこうも男心をくすぐるのでしょうか。
おしゃれには興味ないけど、ジーンズだけにはこだわる男性も多いですからね。

夏のメンズコーデの失敗例2:パンツ丈が短すぎる

夏のメンズファッションコーディネートの失敗例2は、パンツ丈が逆に短すぎること。
上でも少し触れましたが、男性の場合、すね毛問題というものが出てきますから。

女性は男性以上に清潔感にうるさく、すね毛が嫌いな人は思った以上に多い(僕も男のすね毛なんか見たくないですし)
すね毛が濃い人は要注意ですね。

短パン(ハーフパンツ)は論外。
あれはスネ毛はもちろん、大人の男性が履くにはシルエットもダサい。

元々リゾート地で履くものですし、涼しさ以外は何もメリットはありません。
丈が短いパンツを履くなら7分~9丈のクロップドパンツかアンクルパンツ(9分丈のパンツはクロップドではなくこう呼ぶことが多い)。

一応、ギリギリOKという人がちょこちょこ出てくるのが7分丈のクロップドパンツ。

クロップドパンツです。

ただし、写真で見て分かる通り僕はすね毛が濃い方ですが、これだと評価は半々といった感じでした。
半分の女性は『キモイ!』と嫌がっていたため、ハートが弱い人は9分丈のアンクルパンツを選びましょう。

ちなみにアンクルとは『くるぶし』という意味で、上でベストポジションと言っていたくるぶし丈パンツとなります。

アンクルパンツです。

夏は写真のような9分丈のアンクルパンツも多くなっています。
ロング丈だと思っていたら、実はアンクルパンツだったなんてことも。

これならロールアップする必要はありませんし、場合によってはさらにロールアップして7分丈や8分丈のクロップドパンツにも出来ます。
パンツ丈に関しては、年齢が上がるほどパンツ丈が短いとお洒落評価が落ちる傾向があります。

丈が短い=若い、そして大人男性は紳士的な落ち着いた服装の方が女性ウケは高いです。

夏のメンズコーデの失敗例1:パンツ丈はいいけど靴が暑苦しい

パンツはOK。
でも、靴が暑苦しい!というあと一歩という人もけっこう多い。

靴もゴツイものはハイテクなものは夏は暑苦しいのでNG。
せっかくパンツ丈で足元をすっきりさせても、これでは靴で台無しですから。

こちらも夏用のアイテムを買いたくないなら、コンバースのようなシンプルなローカットスニーカーを合わせましょう。

夏用スピングルムーブのスニーカーです。

写真はコンバースではありませんが、こんな風にシンプルであまり大きくない靴が理想的。
ちなみに写真の靴は『スピングルムーブ』という日本のブランドですね。

夏用の靴を購入するのなら、他の季節にも履きやすいスリッポン靴(紐なし)か写真のようなエスパドリーユがおすすめ。

リビエラのエスパドリーユです。

エスパドリーユは夏用のスリッポンといった感じの靴。
写真のように暑い季節に履くことに特化した機能性となっています。

通常のスリッポンなら冬にも履くことが出来ますが、エスパドリーユは物理的に冬に履くのは無理。
ちなみにエスパドリーユはもちろん、スリッポンも夏に履くときは靴下は履かずに素足か、靴の中に隠れる『ベリーショートソックス(ブランドによってはシューインソックスなど)』を履きましょう。