メンズスーツの着こなし&コーデ

一番のキーポイントはサイズ

スーツカンパニーの着こなし例画像です。

メンズスーツの着こなしで一番重要なのはサイズを合わせること☆

スーツはカジュアル服以上に細かいサイズ設定になっているため、ここを間違ってしまうとお洒落に見えないのはもちろん、場合によってはダサく見えてしまうことも(汗)

そうならないためにもサイズ選びは慎重に行いましょう。

以下では詳しいサイズ選びのポイントを解説しています。

サイズ選びのポイント

  • ウエスト

メンズスーツの着こなし方で大事なことは色々とありますが、大きくまとめると以上の3つ。
一番大事なのは肩のサイズ。

他の部分は多少合わなくても誤魔化すことができますが、肩のサイズは誤魔化しが効きません(^_^;)
小さいとそもそも着れませんし、大きいと肩が落ちているようになり非常に不恰好。

肩はジャストサイズで合わせ、1cm程度のつまめるゆとりがあるとベストです(o^-‘)b
丈に関しては、ジャケットの袖丈・着丈・パンツの裾丈を合わせること。

袖丈はワイシャツが1~2cm程度出るぐらい・着丈はヒップが隠れる程度・パンツはハーフクッションかワンクッションがベターです(o^-‘)b

ウエストはジャケットとパンツ両方ですね。
男性の場合、よく動きやすさや着やすさを重視してウエストにゆとりを持たせる人がいますが、あれはスーツのラインを崩すためNG(゚Д゚)ノ

なぜなら、スーツはジャストサイズで着ることにより、一番美しく見えるように作られているからです。
また、ポッコリお腹を隠すためにワンサイズ上を選ぶ人もいますが、それよりもジャストサイズを選んだ方が体型もカバーできます♪

ジャケットのウエストは前を閉じて拳が一つ程度のゆとりを、パンツのウエストは実寸+4cmまでに抑えるようにしましょう。
男性は基本的にゆったりと着る傾向にある人が多いので、常にスリムに着るイメージを持つと良いと思います( `ー´)ノ

現在はスリムなシルエットが主流

PSFAのスーパースリムスーツです。

ちなみに現在のメンズスーツの主流はスリム☆

そのため、サイズ感が合っていないとよりダサく見えてしまう環境が整っています(^_^;)

一昔前はウエストの絞りがない寸胴型ばかりでしたが、現在は画像のようなウエストに絞りが入ったスーツが人気です。

特にこの傾向は若い世代になればなるほど顕著です( ゚д゚ )

つまり、若い世代にお洒落に見られたいならこのスリムというキーワードは外せません。
現在ではどのスーツ量販店も年齢に合わせたスリムタイプが販売されているため、それらをメインに揃えていくとお洒落に見せやすくなります(o^-‘)b

おすすめショップ

総合力No.1:PSFA

価格・デザイン性・アウトレットなど全て充実(o^-‘)b
スタイリッシュなデザインのスーツをリーズナブル価格で手に入れたいのであればココ☆

品質重視:ユニバーサルランゲージ

品質重視で選ぶならユニバーサルランゲージ♪
高品質なアイテムをお得価格で提供している大人のためのセレクトショップです^^

スリム重視:スーツセレクト

スリムでタイトなシルエットのスーツが欲しいならココ!(^^)!
デザイン重視のスーツ量販店の中でもかなり攻めたシルエットが若年層を中心に評判を集めています。