スーツで女子にモテる・おしゃれに魅せるのにブランドは必要ない

僕がスーツにブランドは必要ないと言う理由

スーツにブランドは必要ない。

カジュアル服の場合、全身ユニクロなどのファストファッションブランドの場合、女性からは引かれる場合もあります。

よくおしゃれな人がユニクロなどのファストファッションブランドも全然アリ!とか言いますが、あれは着こなしに一部取り入れるのがアリということ。

実際、男性のお洒落な人でいつも全身ファストファッションブランドという人はいませんから。
女子なら安い服をおしゃれに着こなす人もいますが。

メンズよりも圧倒的に売れるレディースは大量生産をしてコストを落としやすいため。
逆に少量生産が基本のメンズではそれが難しい。

が、これがスーツになると話しが変わります。
なぜなら、メンズスーツはたくさん売れるから。

スーツなら全身量販店のアイテムでも十分に女子ウケを狙うことはできます。
実際、僕は会社員時代は量販店のスーツがメインでしたが、それでも男女問わずにお洒落と言われていましたから。

10万円ぐらいのブランドスーツなら量販店とたいして変わらない

スーツの失敗。

ハッキリ言って、10万円ぐらいに収まるブランドスーツ(セレクトショップのものも同様)なら量販店のものとたいして品質は変わりません。

マニアでもなければ、女性はもちろん男性でも両方のスーツを見分けることはできないでしょう。
それほどまでに量販店のレベルが高いのです。

たくさん売れるから品質にこだわっても価格を下げることができる。
逆にブランドは数がたくさん売れるわけではないので、どうしてもある程度の価格にしないと利益が出せない。

結果、両者は価格差はあるのにたいして品質差はないのです。
また、デザインに力を入れているスーツ量販店もあります。

女子にモテたい・おしゃれに見られたいのならこういったところがおすすめです。
ブランドスーツ並の見た目なのに、価格はグッと抑えられますから。

ただし、量販店でも洋服の青山・コナカ・はるやまなどはおじさんくさいデザインのアイテムが多いので注意。
これらのメイン層がおじさんのためですね。

ブランド並におすすめのスーツ量販店

デザイン性と品質が良いスーツ量販店をまとめると以上の通り。
全て通販での購入もOK、店舗もそこそこ展開しているため、地方でもどれか一つぐらいならある地域も多いでしょう。

PSFAとスーツセレクトは攻めたデザインのため、職業や人によっては抵抗があるかなと。
誰でもお洒落に着こなしやすいのはバランス型のスーツカンパニーですね。

また、さらに品質にこだわりたいのなら高品質アイテムをリーズナブル価格で提供しているユニバーサルランゲージがおすすめ。

ちなみに、どちらも洋服の青山と同じ系列で、ユニバーサルランゲージは量販店ではなくセレクトショップの形になります。

他にも、通販ショップのみになりますが、ビズフロントはビジネスカジュアル専門という珍しいショップ。
さらに、コーディネート情報も豊富に用意されています。