就活時のメンズクールビズスタイルについて

就活クールビズの実情

AOKIのスーツです。

発信源である環境省や積極広告を展開したスーツ量販店などのがんばりもあり、COOL BIZ(クールビズ)はかなり日本のビジネスシーンに浸透してきました^^

とはいえ、就活においてはまだまだといった印象ですね。

そもそも就活を行う男性はクールビズどころか、スーツスタイルに慣れていない人がほとんど(^_^;)

そして、クールビズの服装の基準は会社によってまちまちですから。

そういうわけもあって、多くの人が夏でも画像のようなシンプルなスーツスタイルで就活を行っています(暑)
とはいえ、会社によってはクールビズに否定的なところもあります

なので、企業の方から『クールビズでお越しください』などといった通知がなければ、就活はスーツスタイルで行った方がベターです(o^-‘)b

男性のクールビズスタイルの基本

アストロノミーのクールビズスタイルです。

ここからは就活にクールビズに臨む場合のノウハウを解説します☆

まずは男性のクールビズスタイルについて。

男性の基本的なクールビズスタイルは、ノーネクタイ・ノージャケットの長袖ドレスシャツ(ワイシャツ)とスラックス( `ー´)ノ

そして、外回りなど社外の人間と合う時に画像のようにジャケットを羽織るのが基本です。
普段は自分のデスクのイスに掛けておいたり、移動の際は持ち歩きます^^

就活の場合はジャケットを羽織っておき、面接官などに『上着を脱いでもよろしいですよ』などと言われた時に脱ぐようにしましょう(言われた時は脱いだ方が印象が良いです)

また、クールビズ時のドレスシャツは白以外でも問題ありませんが、就活であれば白がベターです。

その場の状況に合わせて臨機応変に対応するのが一番

ビズフロントのクールビズスタイルです。

上で解説したのはあくまで一般的なクールビズスタイル( `ー´)ノ

そして、クールビズの服装は最初に言った通り、会社によってまちまちです。

であれば、一番印象が良いのは面接先の企業に合わせて、臨機応変に服装をチェンジすること☆

機転が利く人間を評価しない会社も少ないでしょうから。

問題はどうやってその会社に合わせたクールビズスタイルを行うかですね(^_^;)
一番確実は面接先の企業の社員と服装を合わせること。

可能であれば、面接官と合わせることが出来れば一番理想的ですね^^
どんな服装にも瞬時に対応できるように、ネクタイやジャケットも用意しておくと安心です。

おすすめのショップ&クールビズ定番アイテム情報

総合力No.1:PSFA

スーツ量販店の中で個人的に一番おすすめなのがココ☆
スタイリッシュなデザイン性とリーズナブル価格が若年層を中心に人気。
就活に邪魔にならない程度にお洒落さを加えてくれます♪

クールビズNo.1:アストロノミー

クールビズに特化したアイテムが欲しいならコチラ☆
シンプルきれいめなデザイン性と機能性の高さが評判です。

安定感No.1:AOKI

安定度抜群のスーツ量販店なAOKI( `ー´)ノ
大手なら洋服の青山もありますが、青山よりも若年層向けなので。
PSFAのデザインに抵抗があるのなら、より無難なこちらのチョイスしましょう♪