バッグが壊れたので博多駅近辺でおしゃれなメンズバッグ探してきました


8年間使っていたバッグが壊れた!

輪怐・LIN-KUのショルダーバッグです。
輪怐・LIN-KUクラッシュ状態です。

8年間使っていたショルダーバッグがまさかのクラッシュ!

画像はその鞄ですね。

8年間毎日使い続けた割には状態が良く、未だにときどき人から褒められることもあるランニングコスト抜群の大当たり商品でした。

が、毎日使っていたダメージにショルダーベルトの金具の方が耐えれなかったようで・・・。

まあ、福岡時代はもちろん、東京時代も含めて8年間ほぼ毎日ですからね。

逆にそれだけ使ってもここまで持った品質の高さに驚きです。

ちなみに、画像の鞄は輪怐・LIN-KU(リンク)というブランドのもの。

ざんねんながら福岡には店舗がないので今回は買いませんが、店舗に行く機会があればまた覗いてみたいですね。

天神よりも博多駅でおしゃれなメンズバッグ探し

博多駅です。

ということで、新しいおしゃれメンズバッグ(ショルダー)を手に入れるために博多駅へ。

店舗数なら天神の方が多いですが、その分、人も多いのが苦手なのですよね。

また、天神はショップ・ブランドが複数のビルに分かれているのもネック。

ビルとビルによってはけっこう距離があるので全部チェック&二つを比較するのは大変なので。

その点、博多駅なら阪急とアミュプラザは同じビルですし、マルイもすぐ近くにあります。

利便性と人の少なさで天神駅よりも博多駅を選びました。

まずは博多阪急へ

博多阪急です。

お洒落なメンズバッグを探すならまずは博多阪急へ。

モテるおしゃれなメンズバッグの選び方&買い方』の記事でも書きましたが百貨店は品質が良いおしゃれなメンズバッグの数が揃っているから。

紳士鞄売り場にバッグ専門店、服のブランドでもバッグはいくつか置かれていますからね。

まずはさっそく6Fの紳士服売り場に。

有名どころではタケオキクチやコーチ、その他あまり聞いたことがないブランドなどでも気になるアイテムもありましたが、どちらもカラーが地味。

こちらも『モテるおしゃれなメンズバッグの選び方&買い方』の記事でも書きましたが、メンズバッグはシンプルデザイン&カラーのものばかりなので、それを選ぶとその他大勢になってしまう。

博多阪急は同じフロアにバッグや財布などがメインのブランド&ショップ、バッグも少し取扱うファッションブランドもあります。

この辺で良かったのは、サマンサキングズ・メンズビギ・メンズメルローズ・ニコルクラブフォーメンです。

次にJR博多シティ アミュプラザ博多に

アミュプラザ博多です。

博多阪急をチェックした後はJR博多シティ アミュプラザ博多に。

名前が二つあってややこしいですが、博多シティ・またはアミュプラザのみで呼ぶ人が多いですね。

博多阪急とアミュプラザは繋がっているので、そのまますぐに移動できるのが便利です。

こちらは2F~7Fまでメンズバッグを取扱っている店舗があり、かなり豊富に見えますが女性モテでお洒落という観点から見るとそうでもありません。

専門店もいくつかありますが、リーズナブル価格をウリにしたナイロン製のものが多いので。
また、アミュプラザはセレクトショップが多いのですが、ブランドと比べると鞄などの小物が少ない。

結果、モテるおしゃれメンズバッグを探すなら7F以外は捨てていいですね。
7Fの『クローゼット』と『ドラスティック ザ バゲージ』が良かったです。

クローゼットは日本製・素材・縫製にこだわった品質の良いアイテムが揃っています。
デザインはシンプルですが、カラーが赤やオレンジといった明るいカラーが多いのが魅力。

ただ、ターゲットが女性メインのためか、優しい雰囲気のソフトレザーばかりだったのが僕にはハマりませんでしたね。

逆にドラスティック ザ バゲージは、「自分自身にこだわりを持つ男性」がターゲット。
ポールスミス・タケオキクチ・オロビアンコなどの男性人気が高いブランドが揃っています。

オロビアンコのショルダーバッグです。

その中で特に魅力を感じたのがOrobianco(オロビアンコ)というブランド。

日本で人気のイタリアブランドで雑誌などでもよく紹介されていて前から気になっていました。

カジュアル用メンズバッグなら2~3万円程度と他の有名ブランドより価格を抑えめな点も魅力。

イタリアらしい個性的なデザインなので日本のシンプルなブランドみたいに地味にならない点もうれしい。

ということで、画像のミニショルダーを一旦購入したのですが、その場ですぐに荷物を入れて見たら荷物が入り切れなかった。

僕の荷物は財布・スマホ・折りたたみ傘とあとはスーパーに買物行くときに持って行くエコバッグ。

ポールスミスのラウンドファスナー財布です。
スーツセレクトの折り畳み傘です。

まず画像のように大きめのメンズ財布を使っているのですが、これが横に入れるとギリギリでした。

その後にスマホとエコバッグをなんとか詰め込み完了!

しかし、どうやっても折りたたみ傘が入らないのですよね~(エコバッグを抜いても)

急な雨に備えて折りたたみ傘は外せないので(ビニール傘を買って余計な出費をしたくない)、泣く泣く返品しました。

ミニじゃなく普通のショルダーなら大丈夫だったのですが、その店には置いてなくて。

せっかく安く良いアイテムが手に入ったと思ったのですが。

そして博多マルイへ

マルイの店舗です。

阪急とアミュプラザの後に博多マルイへ。

こちらはビル同士が繋がっていませんが、すぐ目の前&1Fまで下りなくても2Fからも駅通路使って行けます。

マルイもバッグ専門店はありますが、リーズナブル重視でナイロン製ばかりなので、女性モテおしゃれの面では使えません。

マルイは5Fのメンズフロアの『エクステッドラボ テットオム』と『ムッシュ ニコル キャナルドゥ』がおすすめ。

どちらもこだわりの大人男性をターゲットとしたブランドです。

バッグに関してはセレクト品がメインとなりますが、アニアリとオロビアンコの二つが魅力的だった。

ただ、ざんねんながら僕が行ったときはトートメインでショルダーバッグが少なかったのですよね。

シーズンごとに自社ブランド品もセレクト品も入れ替わります。

僕が買ったメンズバッグはコレ

サマンサキングズのトートバッグです。

で、結局僕が買ったのは『Samantha KINGZ(サマンサキングズ)』のブレインデニム。

有名なサマンサタバサのメンズラインですね。

最初にチェックした阪急の6Fに入っていたのですが、その時は見落としていて最後にもう一度来るハメになりました。

最初からここを見つけておけばもっと早く買物は終了していたのですが(笑)

もともとがレディースブランドということもあり、女性ウケのおしゃれなデザイン性は抜群。

基本トートバッグが基本ですが、写真のようなミニサイズ(といっても普通のショルダーよりも少し大きいですが)はショルダーにもなります。

ショルダーを使わない人のために、ベルトは別売りにして基本価格を下げているのも特徴ですね。

最初は白の本革のタイプを買おうと思ったのですが、女性店員の『デニムの方が可愛いのでモテます!』という一言でこちらを購入!(笑)

しかも、こちらの方が値段が安かったですし。
安い方を薦めているのもなんだか信憑性が高そうですしね。