メンズバッグ・鞄のおすすめの種類について

バッグや鞄は人気や流行よりも使いやすさで選ぶ

輪怐・LIN-KUのショルダーバッグです。

人気や流行に捉われないメンズバッグや鞄のおすすめの種類を紹介しています。

バッグは服などよりも長く愛用することが多いですからね。

また、女性と違い男性であれば、バッグは1つだけという人も多いでしょう。

そんな場合、流行や人気だけで選ぶと失敗してしまうことも多い。

それよりも機能性といつの時代も外さないデザイン性の方が重要
結局、使いづらいとそのうち使わなくなるのですよね・・・。

僕は基本的に両手がフリーになる種類が好きなため、片手が塞がってさらに荷物があまり入らないセカンドバッグ・クラッチバッグなどは論外ですね。
あれを持つ意味が分からない!(笑)

ショルダーバッグ

スプートニクスの2WAYバッグです。

メンズバッグ・鞄で一番おすすめの種類はショルダーバッグ。

僕も20代後半からずっとこのショルダーバッグをメインに使っています。

ショルダーバッグの魅力は両手をフリーに出来る・荷物が出しやすい・荷物がそこそこ入る・外れが少ない定番のデザインなどなど。

持ちやすく使いやすい、さらに状況を選ばない万能型。
10年以上使っていますが、未だに僕の中での順位は1位です。

近くに出掛ける時も街に出る時もメインはコレ。
また、画像のアイテムのようにトートバッグとして使える2WAY型も多いのも魅力ですよね。

とはいえ、僕は2WAY型でも基本トートバッグとして使うことはありませんが(笑)
両手フリーのスタイルに慣れると、片手が塞がるトートバッグはどうにも邪魔なのですよね~。

ボディバッグ or リュックサック

SEALのボディバッグです。

ボディバッグとリュックサック(バックパック)は、ショルダーバッグと同じく両手がフリーになるのでおすすめの種類。

僕は20代中盤まではリュックサックを愛用していました。

リュックは両手がフリーになって荷物がたくさん入るので気に入っていたのですよね。

しかし、財布をズボンのポケットに入れなくなってからは財布が出しづらいのがネックに。
また、当時は東京に住んでいたのですが、人が多いところでは背負っていらないのですよね~。

一回、リュックを背負って立ち読みしていたらそれにぶつかった人に因縁をつけられ、それがキッカケでリュックは卒業しました(チキン)
ただ、東京を離れてからは人も少ないしリュックもアリかなと思うようになりました。

ボディバッグは僕の中ではコンパクトなリュックという位置づけ
背中に背負うという基本スタイルはリュックと同じですから。

リュックよりもコンパクトなので、背負ったままでも邪魔になったり因縁をつけられりしないのもイイ(笑)
雨の日なども傘にすっぽり隠れて濡れづらいという点もメリットですね。

小さい分、荷物はあまり入りませんが、荷物は携帯と財布だけといった男性に最適です。

トートバッグ

ココマイスターのトートバッグです。

片手が塞がる分、使いやすさはショルダーやボディバッグなどと比べると落ちるトートバッグ。

ただ、なぜかデザインがお洒落なアイテムが多いのですよね~。

ブランドやショップでもトートバッグが一番充実しているところが多いですし、男性人気が一番高いアイテムなのでしょう。

このページでは人気や流行で選ばないをテーマにしていますが、デザイン性の良さは無視できない。
あと、最近感じるようになったのですが、年齢が上がってくると画像のような革製のトートバッグが一番しっくりとくる

逆にリュックやボディバッグはどうも若者向けといった印象があります。
ショルダーバッグに関してもトートと比べるとやや若者向けかなと。

背中に背負う・肩にかけるといったスタイルが子供っぽく見えるのかもしれません。
逆に手に持つスタイルはビジネスバッグの影響で大人っぽく見えるのかもしれませんね。

また、買物をする時はトートバッグが一番使いやすいな~感じます。
そういえば、スーパーのエコバッグなども基本はトートタイプですしね。

ずっとトートバッグ否定派でしたが、30代後半からグンと評価が上がりました。