正しい服の洗濯の仕方について


洗濯の仕方で気をつけるべきポイントをまとめました。

僕のような独身男性など、服の洗濯の仕方を知らない男性は意外と多いのではないでしょうか?(女性も?)
知らない状態で洗濯して、昔はよく失敗したものです(>_<)

ちなみに服の洗濯の仕方はこだわればもっと細かいポイントなどもありますが、そこまで気にすると面倒臭い!
ということで、独身男でもサッと行える簡単なポイントのみに絞りました

服の裏地などに付いている洗濯表示をチェックする

服の洗濯表示です。

洗濯前に必ず服の裏地などに付いている洗濯表示をチェックしましょう☆

画像のようなタグですね。

洗濯表示タグにこの服における洗濯のルールが明記されています( `ー´)ノ

服によっては自宅での洗濯自体が行えないものもあります。

そういったものはクリーニング店に持っていきましょう。
他にも手洗い推奨などの表示がありますが、これらはあくまで参考程度にしておくのがいいかなと。

というのも、後々のクレームを考えて、アパレルメーカーが厳しめに表示しているからです(^_^;)
僕も手洗い推奨の服を普通に洗濯機で洗ったりしていますが、特に支障はありませんので(とはいえ、ブランドや商品によって違いがあると思うので、行う場合は最悪の事態も想定して行いましょう)

色落ち(色移り)・縮みを特に気を付ける

ヌーディージーンズです。

洗濯で特に気を付けたいのが色落ち(色移り)・縮みなどですね。

少しぐらいの失敗であればクリーニング店に持っていってケアできますが、あまりに大きな失敗はケア不可能になってしまいますから(汗)

画像のようなジーンズは色落ちや縮み(特に生デニム)の代表格です。

まあ、ジーンズの場合は積極的に色落ちさせる男性が多いですが(笑)

色移りの対処法として、白と柄物は分ける・さらに汚れたものとそうでないものを分ける
この2点は必ず行うようにしましょう。

お洒落な服は基本タンブラー乾燥は禁止

ドラム式洗濯機です。

基本的にお洒落なショップなどで購入した服は基本タンブラー乾燥禁止となっています。

タンブラー乾燥とは、服を熱と共に回転させて乾燥させること。

画像のような洗濯機が採用している乾燥方法ですね。

具体的には、ドラム式洗濯機やコインランドリーにあるタイプです。
これも洗濯表示の時と同じく、アパレルメーカーがクレームを怖れて禁止しているだけだと思うのですが、如何せん、僕の家はドラム式洗濯機ではないので試しことがありません(^_^;)

デリケートな服はネットに入れる

洗濯ネットです。

デリケートな服は洗濯ネットに入れましょう☆

これだけでも服に与えるダメージはかなり軽減されますよ♪

具体的には、ニット類・生地が薄いもの・シャツ類などをネットに入れるようにしましょう。

シワを少なくするのなら洗濯&脱水は短めで

服のシワ伸ばしです。

服のシワや傷みが心配なら、基本的に洗濯や脱水は短めにしましょう☆

洗濯機は長く回すとそれだけ汚れが取れるわけではありません。

目安としては洗濯機を回すのは10分ぐらいで十分です。

また、洗剤を入れ過ぎない・洗濯物を入れ過ぎないというのもポイントですね。
そして服で気になるのがシワ( ̄д ̄)

僕はシワをアイロンで伸ばす作業が嫌いなので、クリーニングの方をメインで使っているぐらいですから。
そのシワをなるべく減らすには、脱水時間を短めにしましょう。

例えば、全自動コースでの脱水時間は5分程度ですが、これを30秒程度に短くするのです。
これだけでもかなりシワを減らすことができますよ^^

ただその分、水を多く含んでいるため、乾くのに時間がかかるというネックがありますが(苦笑)

LINEで送る
    ブログ作成の励みになるので、シェアをしてもらえると感動的にうれしいです!笑
  • Facebookのボタンです。

注目ショップ一覧

スプートニクスです。

女性ウケが高いキレイめスタイル

カジュアル服の注目No.1を見る

シンプルきれいめのお洒落がテーマ☆
女性ウケが高いスタイルを実現できます^^
コーデ情報や裾上げ無料などのサービスも充実していて、初心者~上級者まで幅広く人気♪

おすすめ記事

2015.06.28

よく読まれている関連記事

ココマイスターです。