リビエラのエスパドリーユです。

夏は足元がざんねんな男性が多い

夏のメンズファッションは足元がざんねんな男性が多い。
その原因はパンツ丈と靴ですね。

夏は特に涼しさと清潔さを意識しないといけない季節。
それなのに、下の画像のようなロング丈のパンツを履いている人が非常に多い。

ロング丈パンツです。

ロング丈のパンツにゴツゴツにしたハイテクスニーカーなどを履くと、暑苦しさ満載ですね。
心当たりがある人は今すぐにアイテムとコーディネートを見直しましょう!

夏にNGなメンズ靴・スニーカー

夏にNGなメンズ靴・スニーカーの条件は暑苦しく見えるもの全般。
夏は暑苦しく見えた時点でおしゃれ&女性ウケはほぼ狙えないと考えてください。

それほど暑苦しいのはマイナスです。
人は暑いだけで不快指数が上がり、それは暑そうなものを見るだけでも上がるからです。

具体的な夏にNGなメンズ靴は、ゴテゴテしたハイテクスニーカー・革靴(スーツ時はOK)・スエード靴など。

フットスタイルのスエード靴

これらは暑苦しいだけでなく、実際に履くと暑いですからね。
そもそも通気性や涼しさを意識したアイテムではありませんから。

また、涼しさ重視ならサンダルが一番ですが、女性ウケや安全面を考えるのならNG。
女性は男性以上に相手にファッション性や清潔感を求め、さらにいつの時代も紳士的な男性が一番人気が高いからです。

ラフな履物の代表格であるサンダルにはファッション性はもちろん、清潔感や紳士感はありません。
良くてプラスマイナス0(見た目を気にしない女性なら)、基本的にはマイナスと考えておきましょう。

短パン+サンダルはかなり危険なコーディネートですね。
それほど男性の裸足や生足には需要がないのです(同性の僕でもあまり見たくないですし)

そして、サンダルは足が無防備なため、ちょっとした接触で大ダメージ!なんてこともよくあるのですよね・・。

夏におすすめのメンズ靴・スニーカー

ここからは具体的な夏におすすめのメンズ靴&スニーカーを紹介しています。

夏用靴を用意したくないならシンプルなスニーカー

夏用スピングルムーブのスニーカーです。

夏用のメンズ靴をわざわざ用意するのは手間や金銭面で嫌!
そんな人は上のようなシンプルなスニーカーを夏にも履きましょう。

ゴテゴテしたハイテクスニーカーは暑苦しくてNGですが、シンプルなものなら涼しくは見えませんが、まだ暑苦しいと感じさせません。

有名どころではコンバースのローカットスニーカーなどですね。
こういったスニーカーは1年を通して安定して履けるため、出費を抑えたいのなら全てこういった靴で揃えるのも一つの手。

さらに夏と相性が良いスリッポン靴&スニーカー

スプートニクスのスリッポンスニーカーです。

1年中履けて、さらに普通のスニーカーより夏と相性が良いのがスリッポンスニーカー。
こちらも画像のようなシンプルなデザインのものが使いやすくていいですね。

こういったスリッポンスニーカーならコーデしやすく、冬も靴下を履けば使えます。
靴紐がない分、普通のスニーカーより履きやすいのも魅力ですね。

コストカットでカジュアルシューズを全てシンプルなスニーカーで揃えるなら、こういったスリッポンも一つ混ぜておくとコーディネートの幅が広がります。

スニーカーではありませんが、スリッポンシューズは他にもデッキシューズ・ドライビングシューズ・ローファーなどがあります(画像はデッキシューズ)

Aメンのキャンバスデッキシューズです。

この3つはパッと見ではデザインが似ていますが、それぞれ用途が異なるため、デザインやよく使われる素材などが微妙に違います。
デッキシューズはヨットなどの甲板(デッキ)・ドライビングシューズは車の運転・ローファーは準フォーマル用。

ただ、カジュアル用で現在販売されているものは、それらの機能性はあまり重視おらず、デザインのみ踏襲しているアイテムが多いですね。

なので、スリッポンスニーカーのように履いてもいいですが、形にクセがあるため、お洒落好きでもなければ特に意識して購入する必要はありません。

また、スリッポンスニーカーは夏用に特化した写真のようなメッシュタイプも存在します。

リビエラ スリッポンスニーカーです。

こちらは夏にしか履けませんが、涼しさ・通気性ならサンダルを除けば一番。
そして、サンダル以上のファッション性・紳士感があるのが魅力です。

夏用なら断然エスパドリーユ

メンズビギのエスパドリーユです。

夏用のメンズ靴なら写真のようなエスパドリーユがおすすめ。
エスパドリーユとは、底がジュート(麻)で作られた靴のこと。

写真では分かりづらいですが、伸縮性があって履きやすく、さらに靴底が通気性の良い麻だから涼しく蒸れづらい。
こちらもさらに涼しさを重視したメッシュタイプのエスパドリーユも存在します。

夏専用になりますが、サンダル代わりに一つ持っておくとお洒落。
涼しさ重視ならメッシュタイプ、女性ウケ重視なら通常タイプを選びましょう。

もちろん、メッシュタイプでも女性ウケやお洒落感はサンダルよりもずっと上です。

おすすめ靴・スニーカーを使った夏のメンズファッションコーデ例

ここからは具体的なメンズ靴・スニーカーの夏のメンズファッションコーディネート例を紹介していきます。

まず大前提として、夏は普通の靴下は履かないようにしましょう。

ビューティ&ユースのカバーソックスです。 ビューティ&ユースのスリップレス シューズイン2です。

素足で靴を履くか、画像のようなシューズの中に隠れるソックスを履きましょう。

夏は暑苦しいのはNGで涼しく見せるのがテーマ。

そして、靴下は夏と相性が悪いのですよね。

なので、素足か画像のようなシューズ・イン・ソックス(ブランドによって呼称が違う。ユニクロならベリーショートソックス)を履きましょう。

ちなみに、上の画像がお店などで売られている形・下がそれをバラした形ですね。

見慣れた靴下とは全然形が違うため、知らない人だとパッと見では靴下だと気付かないことも。

とはいえ、靴の中に隠れる靴下は今ではユニクロでも販売されているポピュラーなアイテムです。

素足で靴を履くと蒸れるという人もいますが、夏用のメッシュスリッポンやエスパドリーユならそんなことはありませんよ。
衛生面を指摘する女性もいますが、それならサンダルも同じだろうと突っ込んでやりましょう(女子はお洒落サンダルもよく履きますし)

さて、夏用の靴と靴下の問題が解決できたら次はパンツ丈。
くれぐれも画像のようなロング丈のパンツをそのまま履くコーデはやめましょう(せっかくのエスパドリーユも台無し)。

エスパドリーユを履いた悪い例。

夏でもこんな風にジーンズを履いている男性は非常に多いのですよね。
全身ざんねんファッションの人はともかく、上は格好イイのに足元だけこんな風にざんねんな男性もいますし。

おしゃれに気を使うのなら足元まで!です。
パンツもオールシーズンのアイテムをそのまま履きたいのなら、下の画像のようにロールアップ(裾を巻き上げる)して履きましょう。

メンズビギのエスパドリーユ履いてロールアップした状態。

ロールアップの一手間だけでも見た目の印象はかなり違います。
そして、足元の風通しもよくなるため、実際の涼しさも違ってきます。

さらに、足元をしっかりと見せることでエスパドリーユのデザイン性も活きてきます。
シンプルなスニーカーを履く場合もこの通り。

トップセブンのスニーカーを履いてロールアップした状態。

エスパドリーユほどの涼しさはありませんが、こちらも夏のコーデに耐えられるレベル。
そして、こちらは靴もパンツもオールシーズン使えるアイテムのため、わざわざ夏用のアイテムを揃える必要がないという利点もあります。

もっと攻めて、パンツも夏用にしたコーディネートがコチラ。

エスパドリーユとアンクルパンツのコーデ。

エスパドリーユと夏用のアンクルパンツ(くるぶし丈のパンツ)を合わせてみました。
ちなみに、アンクルパンツはブランドによっては、9分丈のクロップドパンツ(裾を切り落としたようなデザインのパンツ)と呼ぶこともあります。

夏のメンズ靴コーデとしては、エスパドリーユとアンクルパンツの組み合わせが一番おすすめ。
紳士感を損なわず、涼しさを追求したスタイルです。

下の画像のようなクロップドパンツも7分程度ならOKという女性もいます。

エスパドリーユとクロップドパンツのコーデ。

ただし、これは男性のスネ毛の濃さに大きく左右されるかなと。
僕レベルの濃さの場合、半々といった評価でしたね。

なかには『キモイ!』と辛辣な評価を下す女性もいるので、ハートが弱い人はアンクルパンツにしておいた方が無難です。
7分丈と9分丈ではたいして涼しさも変わりませんから。

注目のメンズショップ&ブランド一覧

おすすめメンズカジュアル服ショップです。

女子ウケアイテム&コーデ情報満載

カジュアル服おすすめNo.1を見る

女の子が直接アイテムを選ぶのが魅力。
他とは違う女子ウケが高いきれいめアイテムが多いのはもちろん、
それを着こなすためのコーディネート情報も無料で提供しています。

おすすめ記事

LINEで送る
    ブログ作成の励みになるので、シェアをしてもらえると感動的にうれしいです
  • Facebookのボタンです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事