夏の長袖カジュアルシャツのコーデ&着こなし

腕まくりは必須

メンズファッション+の腕まくりです。

カジュアルに限らず、夏に長袖シャツを着るのなら腕まくりは必須ですね( `ー´)ノ

暑い夏の時期に暑苦しい印象を周りに与えてしまってはお洒落以前の問題

そうなってしまってはいくらコーデや着こなしを工夫をしようと、暑苦しいという印象が先行してしまいますから・・・(^_^;)

夏と相性が悪い長袖シャツで涼しさを演出するには腕まくりが一番!(^^)!
また、腕まくりのやり方で、半袖シャツとはまた違ったお洒落を演出できるというメリットもあります♪

清潔感とカラーで涼しさ演出

メンズスタイルの長袖シャツ腕まくりコーデです。

長袖シャツを腕まくりして羽織れば夏のコーデOK・・・というわけではありません(^_^;)

腕まくりしても長袖シャツは半袖シャツよりも暑苦しい印象を周りに与えてしまうため、半袖シャツ以上に着こなしに気をつけないといけません。

気をつけないといけないポイントは清潔感と色使い(゚Д゚)ノ

夏は汗をかきやすく、四季の中でもっとも清潔感をキープしづらい季節(汗)

男性の汗だくの姿を嫌がる女性はけっこう多いですからね(>_<)

また、長袖は半袖以上に汗をかきやすいので注意が必要です。
そして、色使いにも気をつけましょう!

涼しさを演出するカラーと言えば、白や青系
逆に黒は暑苦しさを感じさせる(熱を集めるカラーのため)ので注意しましょう。

写真のように、ブルー(ストライプ)の長袖シャツに白のTシャツなどは夏コーデの鉄板♪
また、下にクロップドパンツにサンダルなど、アイテム自体で涼しさを演出する合わせるとさらに◎

長袖ならパンツインも映える

TOKYOlifeの長袖カジュアルシャツのパンツインコーデです。

現在のコーデの主流はシャツはパンツアウト☆

ただし、長袖シャツであれば(半袖だとイマイチはまらない)、パンツインというスタイルも決してなしではありません(o^-‘)b

30代・40代の男性をターゲットとしたメンズファッション誌ではよくコーデや着こなしも見られます♪

そういった意味では、10代や20代とは違う大人のスタイルと言ってもいいかもしれません^^
ただし、パンツインする場合はシャツの種類に気をつけましょう

パンツインできるタイプは、スーツのドレスシャツのように裾が長いタイプ☆
なかにはパンツインしやすいように裾を絞ったものもあります。

逆にパンツインしてはいけないのが、裾が短いものやボックスシャツ(裾が水平なシャツ)。
こういったシャツはパンツアウトして着るのが基本です。

LINEで送る
    ブログ作成の励みになるので、シェアをしてもらえると感動的にうれしいです!笑
  • Facebookのボタンです。

注目ショップ一覧

スプートニクスです。

女性ウケが高いキレイめスタイル

カジュアル服の注目No.1を見る

シンプルきれいめのお洒落がテーマ☆
女性ウケが高いスタイルを実現できます^^
コーデ情報や裾上げ無料などのサービスも充実していて、初心者~上級者まで幅広く人気♪

おすすめ記事

2015.05.21

よく読まれている関連記事

ココマイスターです。