靴編:メンズスーツの着こなし

基本は黒・ブラウンの革靴でカッチリと

ブルーエグリージオのブラウンストレートチップです。

メンズスーツをお洒落に着こなしたいのなら、足元の靴までキッチリと意識しましょう(o^-‘)b

とはいえ、スーツはカジュアル服よりもある程度ルールが決まっているため、そこまで難しく考える必要はありません。

基本は黒系かブラウン系の紐付きの革靴を履いておけば問題ありません♪

黒やブラウンはどちらも合わせやすい色なのでコーディネートも簡単です。
スーツの定番カラーである黒・ネイビー・グレーのいずれのカラーとも相性バッチリ(o^-‘)b

あとは小まめに手入れをし、常に綺麗に保つことを意識すればいいだけ。
革靴には、ストレートチップ・プレーントゥ・ウイングチップ・Uチップ・モンクストラップ・スリップポンなど、様々なデザインの種類があります。

基本は一番フォーマル度が高いストレートチップ(つま先の部分に横一文字の切り替えが入ったデザインのもの)か、次にフォーマル度が高いプレーントゥ(切り替えが入ってないもの)を選んでおけば問題ありません☆

黒のストレートチップはビジネスだけでなく、冠婚葬祭でも使える一番フォーマル度が高いものなので一つは持っておきましょう。
また、お洒落度重視なら画像のような明るいブラウン系がおすすめです( `ー´)ノ

革靴のデザインやカラーでお洒落感を演出

アストロノミーのワインレッドシューズです。

メンズスーツの靴をもっとお洒落に着こなしたい☆

そんな時は定番から少し外してみるのが一番。

外し過ぎるとビジネスに使いづらいですし、コーディネートもグッと難しくなりますから(^_^;)

一番おすすめなのは、カラーを少し変えてみる方法。
僕がよくやっているのが、ワインレッドの革靴を選ぶ方法ですね♪

ワインレッドなら、最初に紹介した定番カラーであるブラウンに近い印象があります。
しかし、ちゃんと見るとあきらかに違うのですよね^^

このさり気ないカラーの変化がお洒落だと思いません?(自画自賛 笑)
他には、ストレートチップやプレーントゥ以外のデザインを選ぶ方法もあります。

一番変化を付けやすいのはウイングチップですね(o^-‘)b
ただ、見た目が派手になるため、使いどころは注意しないといけません。

さらに攻めるならスリッポンやスエード靴

スーツセレクトのダブルモンクシューズです。

さらにメンズスーツの靴の着こなしを攻めたい!

そんな男性には紐なしや革の素材に変化を付ける方法をおすすめします( `ー´)ノ

紐なしの代表格と言えば、画像のようなモンクストラップかローファーなどのスリッポンですね。

革靴は紐がなくなるとフォーマルが下がりますが、その分、お洒落の応用が効きやすいというメリットがあります♪

また、革の素材を本革(ツヤツヤした革)からスエードに変えるとカジュアル感が高まる。

それにより、周りとの違いを演出できるのです☆
多くのビジネスマンの靴は定番のみという人が多いですから。

ちなみに画像のアイテムはモンクストラップのスエード靴と、ビジネスではかなり攻めたアイテム( ゚д゚ )
普通のスーツスタイルではこれぐらいが限界ですね。

これ以上攻めるなら、それはもはやビジネスカジュアル(ビジカジ)スタイルでしょう。

靴でおすすめのメンズスーツショップ&ブランド情報

総合力No.1:スーツセレクト
スーツセレクトのビジネスシューズは非常にお洒落なデザインのアイテムが揃っている♪
デザインはもちろん、品揃え・価格などの総合力も高い。
靴を選ぶならまずはここからチェックしたいところです( `ー´)ノ

品質No.1:アストロノミー
ビジネスシューズの数は少ないですが、品質が良いものが揃っている☆
また、こちらもキレイめでお洒落なデザインが特徴です。

ビジカジNo.1:ビズフロント
ビジネスカジュアル専門の通販ショップ^^
それだけにオーソドックスなものだけでなく、ビジカジにも使いやすい靴もラインナップ。
より攻めたデザインの靴が欲しいならコチラ(o^-‘)b

LINEで送る
    ブログ作成の励みになるので、シェアをしてもらえると感動的にうれしいです
  • Facebookのボタンです。

注目ショップ一覧

スプートニクスです。

女性ウケが高いキレイめスタイル

カジュアル服の注目No.1を見る

シンプルきれいめのお洒落がテーマ☆
女性ウケが高いスタイルを実現できます^^
コーデ情報や裾上げ無料などのサービスも充実していて、初心者~上級者まで幅広く人気♪

おすすめ記事

2015.12.02

よく読まれている関連記事

ココマイスターです。

この記事にコメントする

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


下記の『コメント送信』ボタンを押してください。