メンズスーツの揃えたい数

1日1着・1週間で5着が理想

スーツカンパニーの無地グレースーツコーデです。

会社に毎日スーツを着て出勤する男性であれば、1週間毎日違うスーツを着れるのが理想的。

つまり、1日1着・1週間で5着(6日出勤でも5着で十分)用意する形

ワイシャツやネクタイを多く用意している人はいますが、スーツをこれだけ用意している人は意外と少ない。

しかし、おしゃれ面だけでなく、コスト面を考えてもこれぐらい用意しておいた方がベストなのです。

これらにワイシャツやネクタイも数を揃えれば、コーディネートの幅は非常に広がります。
洗濯時も余裕を持ってローテーションが組めますからね。

数を揃えるのが難しいのであれば、最低でも3着は用意したいところ。
3着はないとさすがに着こなしに変化を付けるのが難しいですし、洗濯時は特に困ったことになりますから。

数を揃えた方がお洒落&長期的なコスパも良い

PSFAのブラックスーツコーデです。

スーツは数を揃えておいた方がいいのはなんとなく分かると思います。

一目で毎日違った着こなしが出来ますからね。

ただし、1日1着揃えるのはおしゃれ面だけでなく、コスパでも実は良かったりします。

スーツは高いですし、数を揃えるとたしかに最初のコストはかかります。

ただし、長期的には数を揃えた方がコストが抑えられるから。

というのも、スーツに限らず、服は1日着るとしわなどのダメージを蓄積します。
このダメージをハンバーなどにかけて回復させるわけですが、これが1日では回復しきれず数日はかかるから。

その状態で服を着続けるとそれだけ傷みやすく、すぐに着れなくなるというわけです。
野球でいう投手みたいなものですね。

毎日登板させるよりも登板間隔を空けた方が選手寿命が延びる・・・これがスーツなどの服にも当てはまるわけです。
スーツの場合、だいたい2~3日ぐらいで回復しますが、洗濯なども考慮すると余裕を持って5着ぐらいが理想。

また、数が揃っていた方がコーディネートの幅も広がります。

色は定番カラーの黒・グレー・ネイビーを軸に揃える

スーツセレクトのネイビースーツコーデです。

ここからはスーツの色や柄など、具体的に揃えるアイテムについて書いていきます。

スーツの色は定番カラーである黒・グレー・ネイビーを軸に揃えていきましょう。

3着しか持たないのであれば、この3色のみを揃えましょう。

柄は無地を中心にストライプを混ぜていく形で。

例えば、3着なら無地2着にストライプ1着、5着なら無地3着にストライプ2着といった感じで。

5着揃えるのなら、色は定番カラーにプラスしてブラウンやベージュなどを加えるのもアリ。
ただし、定番以外のスーツの色は、会社や職種によってNGなところもあるので注意しましょう。

手堅く攻めるなら、定番カラーの色違いや柄違いで揃える方がいいですね。
濃いグレー無地のスーツを持っているのなら、ライトグレー無地やストライプのスーツを買い足すといった感じで。

同じグレー系でも濃いグレーとライトグレーは全然見た目が違いますし、無地とストライプでもかなり印象は違って見えます

LINEで送る
    ブログ作成の励みになるので、シェアをしてもらえると感動的にうれしいです
  • Facebookのボタンです。

注目ショップ一覧

スプートニクスです。

女性ウケが高いキレイめスタイル

カジュアル服の注目No.1を見る

シンプルきれいめのお洒落がテーマ☆
女性ウケが高いスタイルを実現できます^^
コーデ情報や裾上げ無料などのサービスも充実していて、初心者~上級者まで幅広く人気♪

おすすめ記事

よく読まれている関連記事

ココマイスターです。

この記事にコメントする

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


下記の『コメント送信』ボタンを押してください。