春用のカーディガンのコーデや色

春は淡く明るい色が基本

メンズファッション+の春カーディガンコーデです。

春カラーというものがあります。

これは春だけでなく、他の季節にもあるもので、その季節を感じさせるような色のことですね^^

春であれば、薄いピンク・薄いイエロー・薄いグリーン・オレンジなどの淡く明るい色が基本となります。

出会いの春など、春は1年の中でも特に明るさを感じさせる季節。
さらに桜などから薄いピンクなどの色が連想されるわけです( `ー´)ノ

ならば、春用のカーディガンにもこういった色を積極的に取り入れるのがファッションの王道。
そうすることで、秋や冬のカーディガンとの違いを簡単に演出できます(o^-‘)b

無地が一番使いやすいですが、画像のようなボーダーなど、柄物のカーディガンも持っておくとコーデの幅が広がりますよ♪
特にインナー(中に着る服のこと)に無地が多い場合、柄物のカーディガンは是非とも持っておきたいアイテムです。

長袖+カットソー、またはシャツが基本コーデ

ロクステの春カーディガンコーデです。

カーディガンの基本のコーデは、長袖+カットソー、またはシャツがオーソドックス。

実用性を考えるのなら長袖、暑い時は腕まくりをすればいいからです☆

春という暖かい季節を考えると、厚手のカーディガンは暑いので薄手のカーディガンがメインとなります。

画像のカーディガンはスケスケなほどの薄手ですが、こういったアイテムが着れるのも春ならではですね^^
寒い冬はもちろん、秋も季節のイメージ的にこういったスケスケは相性が良くないですから。

実用性は低いですが、お洒落アイテムとして一つ持っておくのもいいかもしれません!(^^)!
生地が薄い分、価格も安いですから(笑)

余裕があれば7分丈も取り入れる

スプートニクスの春カーディガンコーデです。

実用性を考えるのなら長袖ですが、ファッション性を考えるのなら画像のような7分丈もあると便利♪

長袖を腕まくりするのとはまた違った見せ方ができますから。

袖が短い分、価格が少し安い?傾向にありますから(笑)

また、7分丈は使える時期が短いためか、セール対象になりやすい傾向もあるのですよね(ここポイント)
ショップやブランドによってはすぐに半額になることも珍しくなく、安く買えるアイテムの代表格とも言える存在です(o^-‘)b

LINEで送る
    ブログ作成の励みになるので、シェアをしてもらえると感動的にうれしいです
  • Facebookのボタンです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目ショップ一覧

おすすめメンズブランド一覧です。

カジュアルからビジネスまでセレクト

おすすめブランド一覧を見る

カジュアル服・スーツ・小物の全てを☆
メンズファッションに200万円以上かけた実体験からそれぞれのおすすめメンズブランド・ショップを選びました。

おすすめ記事

2015.05.21

よく読まれている関連記事