スプートニクスのセールです。

シンプルライフで服は気に入った必要なものを少しだけ

ファッション業界のゴミの量はトップクラス

環境破壊などの闇を抱えている。

華やかなファッション業界ですがそれ以上に闇を抱えています

その闇とはゴミの大量廃棄・環境汚染・資源の無駄遣い・劣悪な労働環境など。

最近はこれらに関する有名ブランドのニュースも報道され出したため、いずれかについてはすでに目にしているかもしれません。

特にユニクロやGAPなどのファストファッションブランドが台頭してからは、服を買い替えるサイクルが急激に短くなりました。
結果、ファッション業界のゴミの量は全ての業界の中でもトップクラス。

あなたも経験あるのではないでしょうか?
とりあえず、安かったから買ったけど、あまり着ないで捨ててしまったこと。

世の中にこういった人が急速に増え、そしてこういったゴミが急激に増えたのです。
これはハッキリ言って資源の無駄遣い(資源が乏しくなってきている今の時代に)

さらに言うのなら、安い服を作るために低賃金の劣悪な労働環境を貧しい国に押し付け、そして大量の化学物質を使いそれを川や海に垂れ流すことで環境汚染も行っています。

こういった事実を知った今、むかしのようにただファッションやお洒落を楽しむだけというのは僕は嫌です。
そのため、2015年終わり頃から服は気に入った必要なものを少しだけという生活です。

最近流行っているシンプルライフというやつですね。
女性誌などではこれをお洒落な生活スタイルとして特集したりもしていますが、その本質はお金も資源も無駄遣いしないという至ってシンプルなものですね。

極端な話、お洒落な服なら毎日同じでも格好イイと思う

シンプルライフでは服はもちろん、その他のものも必要で気に入ったものを少しだけというのが基本。
こう言うと、ファッション好きの中には『同じ格好は出来ないので服はたくさん必要』という人もいます。

それはそんなに大事なことでしょうか?
ゴミの大量廃棄や劣悪な労働環境などは個人の倫理観の問題ですが、環境汚染や資源の枯渇は回り回って自分自身の生活も脅かすこと。

空気や海などの環境が汚れてはまともに生活できませんし、資源がなくれなればモノを作ることができなくなります。
身近なところではすでにPM2.5などの空気汚染問題が出ていますよね?

それは大気を汚す中国が悪いという人がいますが、その原因に日本も大きく関わっています。
服などを筆頭に中国などで安く作っている商品は非常に多いですから。

つまり、日本などで大量消費するからあの問題が起こったわけです。
一人一人が必要以上に服を持たず、必要な分を少しだけ買うだけでもこの状況は大きく変わります。

また、もっと言うのなら、その人が同じ格好をしていたからといって周りの人は気にしません。
誰もが自分自身と比べると、他人への関心は思った以上に低いですから。

それに、たとえ毎日同じ格好をしていても、綺麗に保っていてそれが格好良ければ僕はおしゃれだと思います。
毎日同じ服を着ているな~ぐらいは思いますが、決してダサいとは思いませんね。

まあ、洗濯のことを考えれば、さすがに1着だけというわけにはいきませんが、5パターンぐらいあれば十分かなと思います。
コーディネート次第で色々と変化は付けられるので、同ジャンルのアイテム数は絞っていいですね。

安いから買うは卒業、これからは気に入ったものを少しだけ

シンプルライフを目指すなら、セールなどで安いから買うは卒業しましょう!
買う服は気に入ったものを少しだけ。

全て自分が気に入った服だけで揃えられると理想的ですね。
気に入ったアイテムだけならいつでも自分の好きな服を着ていられます。

また、シンプルライフは環境や金銭的にも優しいだけでなく、ファッションやお洒落的にも僕はプラスだと思います
なぜなら、数を絞っているのでとりあえず揃えるという発想はなくなり、一つのアイテム選びの真剣度がグンと上がるから。

さらに、数が少なければ選ぶアイテムの種類やカラーにも偏りができます。
つまり、あなた自身の個性がよりコーディネートに反映されやすくなるのです。

大量に服を買って個性を薄めるより、少数精鋭で濃い個性を出す方がより自分らしい。
買わせたいという売り手側のトラップからそろそろ抜け出してみませんか?

注目のメンズショップ&ブランド一覧

おすすめメンズスーツです。

リーズナブルな高品質お洒落スーツ

スーツおすすめNo.1を見る

おしゃれで高品質なアイテムをリーズナブル価格で。☆
スーツなどのビジネス関連アイテムを買うならここは外せない。
20代・30代・40代・50代と世代を選ばず使える。

おすすめ記事

2016.04.05
LINEで送る
    ブログ作成の励みになるので、シェアをしてもらえると感動的にうれしいです
  • Facebookのボタンです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事