ポロシャツの生地や種類で通気性・快適性・吸汗速乾性を比較

ポロシャツの通気性・快適性・速乾性の比較ポイント

ポロシャツの比較です。

夏のメンズトップスの定番ポロシャツを生地や種類で通気性・快適性・速乾性を比較みてみました。

簡単に言えば、どのポロシャツが夏に一番涼しくて過ごしやすいか?ってことですね。

ポロシャツの種類だけでも細かく分けるとたくさんあるため、ここでは一番よくある3つのパターンに分けて比較しました。

こちらも簡単にまとめると、ポロシャツ定番ブランドの綿100%の鹿の子・ユニクロなどのファストファッションブランドの綿とポリエステル混合・ポリエステル100%やクールマックスなどの特殊素材の3つに分けています。

ポロシャツの吸汗速乾性の注意点と僕の夏の汗のかき具合

ドライ機能とも言われることがあるポロシャツの吸汗速乾性ですがもちろん完璧というわけではありません。
ドライ機能のポロシャツだからといって汗をいくらだけでも吸収して乾かしてくれるわけではない。

ドライ機能にも限界値があり、それ以上の汗は普通に水分としてポロシャツに残ります。
どんなに汗をかいても快適な状態を保てると過信しないようにしましょう。

で、ポロシャツの通気性・快適性・吸汗速乾性を実験した僕の汗のかき具合は普通レベルかそれよりちょっと少ないレベル。
暑い夏に外に出ると背中や頭の後ろにたくさん汗をかきますがそれ以外はたいして汗をかきません。

夏でなければ激しい運動でもしなければ汗をほとんどかかないレベルですね。
で、そんな僕でもドライ機能があるポロシャツを着ても、よく汗をかく背中や襟元(頭の後ろの汗がしたたり落ちる)はビショビショになりますから。

他のトップスより涼しいポロシャツでも完璧ではなく、あくまで他より快適なぐらいです。

綿100%の鹿の子ポロシャツ(通気性:○ 吸汗速乾性:○ 快適性:◎)

鹿の子ポロシャツです。

昔ながらの綿100%の鹿の子ポロシャツですが、意外と快適アイテムとしてのレベルが高い。
綿100%は他と比べると生地が厚くなりがちですが鹿の子編みのおかげで意外と通気性や吸汗速乾性も高い。

ちなみに鹿の子編みとは表面に凹凸ができる編み方で、簡単に言うと生地に小さな穴が無数に空いているような状態。
そのため通気性が良く、さらにそこから水分を逃がすため乾きも早いというわけですね。

ただし、質が悪いものや鹿の子編みをしていない綿100%ポロシャツはなんの工夫もしていない昔ながらのTシャツと同じレベル(通気性も吸汗速乾性も×)なので注意しましょう。

質の良い快適なポロシャツなら、

などの昔ながらの定番ブランドが圧倒的におすすめですね。

価格が高いのがネックですが、背中に汗をかいてもあまり張りつかず、3つの中で一番快適に着ることができます。

ポリエステル混合ポロシャツ(通気性:△ 吸汗速乾性:○ 快適性:△)

ポリエステル混合ポロシャツです。

このタイプは綿とポロエステルを混合したポロシャツ。
綿100%と比べると生地が薄いのが特徴。

ユニクロなどのファストファッションブランドやスーツ量販店などが取り扱っているドライ素材(通気性・吸汗速乾性が高いもの)はだいたいこのタイプですね。

この素材の登場により、ポロシャツだけでなくTシャツやワイシャツ、パンツなんかも昔と比べて快適なアイテムが数多く登場しました。
量販店が取り扱っていることからもコストが安く量産もしやすい素材なのでしょうね。

そのため、以下のように多くのブランドで取扱っています。

  • ユニクロなどのファストファッションブランド
  • スーツ量販店
  • パルコやマルイなどに入っているブランド
  • 大手セレクトショップ

量販店系はもちろん、アバハウス・メンズビギ・コムサといったブランドの中ではリーズナブルな価格帯のポロシャツはだいたいこのタイプ。
また、ビームス・ユナイテッドアローズ・シップスといった大手セレクトショップで取扱っているのもこのタイプですね。

ポロエステル混合のドライ素材はたしかに綿100%と比べると通気性や吸汗速乾性も高いですがポロシャツの場合は話が別。
なぜなら、ポロシャツの綿100%は鹿の子編みだからですね。

ハッキリ言ってラコステやラルフローレンといった鹿の子ポロシャツと比べると快適性は落ちますね。
このタイプが汗をかくと一番背中に張り付き、脱ぐときも一番苦戦しますから。

価格で選ぶなら一番ですが、快適性で選ぶなら一番ダメです。

特殊素材ポロシャツ(通気性:○ 吸汗速乾性:◎ 快適性:○)

特殊生地ポロシャツです。

特殊素材ポロシャツとはドライ素材よりもさらに通気性や吸汗速乾性を追求したものですね。
一番有名なものではCOOLMAX(クールマックス)素材などがあります。

あとはサッカーのユニフォームなどと同じく、ポリエステル100%のもの、綿100%でポリエステルのような薄さと吸汗速乾性を実現しているものもあります。
こちらも通常の綿100%のものより生地が全体的に薄くなっています。

吸汗速乾性ではこのタイプが一番ですね。
こちらも汗をかくと張り付きますが、ポリエステル混合のものと比べると張り付き具合は弱い。

ただし、COOLMAXを使ったものは価格が若干上がる、ポリエステル100%のものはスポーティーな見た目なものが多くコーディネートが難しい、それ以外のタイプは極端に数が少ないという弱点があります。

というより、特殊素材のポロシャツ自体の数が非常に少ないのですよね。
しかも、あまり売れないのかそれとも作るのに手間がかかるのか前に作っていたブランドでも次の年では作っていないパターンもありますし。

そのため、僕はそういったポロシャツがあってデザインが気に入れば即購入するようにしています。

ポロシャツのおすすめショップ&ランキング情報

総合力No.1:スプートニクス
きれいめアイテムを中心に取扱っている通販メインのショップ。
ポロシャツもきれいめを中心にクールマックス素材のアイテムもリーズナブル価格で購入できます。

コーデ情報No.1:メンズスタイル
こちらはコーディネート情報に力を入れた通販ショップ。
同じくクールマックス素材のポロシャツをお手頃価格でさらにコーデ情報付きで購入できます。

品質No.1:ユニバーサルランゲージ
ユニバーサルランゲージは青山商事系の大人のための高品質セレクトショップ。
高品質なコットン(綿)100%やシルクや麻混合などの高品質ポロシャツがお手頃価格で買えるのが特徴です。

注目のメンズショップ&ブランド一覧

おすすめメンズカジュアル服ショップです。

女子ウケアイテム&コーデ情報満載

カジュアル服おすすめNo.1を見る

女の子が直接アイテムを選ぶのが魅力。
他とは違う女子ウケが高いきれいめアイテムが多いのはもちろん、
それを着こなすためのコーディネート情報も無料で提供しています。

おすすめ記事

LINEで送る
    ブログ作成の励みになるので、シェアをしてもらえると感動的にうれしいです
  • Facebookのボタンです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事