スプートニクスのセールです。

ノームコア(究極の普通)ファッションメンズブランド一覧について

ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ

ビューティ&ユースのノームコアです。

ビューティ&ユースはユナイテッドアローズ系のセレクトショップ☆

本家と同じスマートなキレイめテイストなデザインはそのままに、より年齢層を下げたアイテムが多くなっています。

また、本家よりもリーズナブルなことからビューティ&ユースの方が今や人気ですね^^

ノームコア(究極の普通)ファッションで大事なのはシンプル上質なアイテム

それらを揃えるには大手セレクトショップが一番ですね♪
その中でもノームコアとショップコンセプトが合うビューティ&ユースはよりアイテムを揃えやすい(o^-‘)b

画像のコーディネートはノームコアの中でも割とポピュラーな脱力感を出しつつもお洒落さも忘れないスタイル。
特に足元の白スニーカーはノームコアに欠かせないアイテムの一つです( `ー´)ノ

ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング

グリーンレーベルのノームコアです。

グリーンレーベルリラクシングはユナイテッドアローズのファミリー向けレーベル☆

こちらも本家よりも価格がリーズナブルなこともあり、今やグリーンレーベルの方が人気ですね。

ビューティ&ユースとの違いは、こちらの方がより幅広い年齢層をターゲットとし、サイズ感が若干緩め^^

デザインもビューティ&ユースと比べると、よりカジュアル要素が強めですね。

こちらの画像のコーディネートはメンズノンノなどでよく見るノームコアの中でも個性的なスタイル( ゚д゚ )
トップスとパンツのアンバランスをうまくまとめたものです。

ちなみにメンズノンノではこういったスタイルをノームコアではなく、クリーン男子(ボーイ)と呼んでますね。

HARE(ハレ)

HARE(ハレ)のノームコアです。

HARE(ハレ)は、東京発のストリートカジュアルがベースとしたファストファッションブランド☆

ファストファッションブランドでありながらお洒落な点が一番の魅力です。

ストリートカジュアルをベースとしつつ、そこにノームコアのテーマでもモードやスポーツをMIX♪

なので、当然ノームコアとも相性が良いブランドというわけです。
画像のコーディネートはモード色が強いノームコア^^

究極の普通というようにシンプルなアイテムでまとめるノームコアは普通に着こなすと地味になりがち。
そのため、お洒落感を出すにはモードは欠かせない要素の一つです( `ー´)ノ

アニエスベー オム

アニエスベーのノームコアです。

アニエスベーはフランス・パリ発のブランド☆

フレンチカジュアルを代表するブランドでもあります。

また、アニエスベーはパリのエスプリが効いたフランスのお洒落な普段着がテーマ( ゚д゚ )

簡単に言えばお洒落な普段着ということですね。

まさにノームコアとの相性バッチリ(笑)

画像のコーディネートのように、脱力感がありながらお洒落に魅せるアイテムはここの得意デザインの一つです。

メンズメルローズ

メンズメルローズの白無地Tシャツノームコアです。

メンズメルローズはモード感のあるキレイめテイストが特徴なブランド☆

シンプルなデザインながらモードなお洒落感が魅力

こちらのアイテムを利用する時は当然モード色が強いノームコアスタイルが基本となります(o^-‘)b

ちなみに画像の白無地Tシャツもノームコアでは定番アイテムの一つ。
これをお洒落に魅せるのはなかなかハードルが高いですが(汗)

まとめ&ノームコア(究極の普通)ファッション系通販ショップ・雑誌情報

現在のトレンドの一つであるノームコア(究極の普通)ファッションアイテムを揃えるのなら、大手セレクトショップ系が一番ですね(o^-‘)b

大手セレクトショップはトレンドに沿ったアイテムを提供していますから。
なので、現時点で紹介すると全部大手セレクトショップになる勢いだったため、敢えてその他のブランドも織り交ぜてみました^^

ブランドであれば、多少トレンドの影響を受けるとしても、基本的なコンセプトは変わりませんからね。
仮にノームコアのトレンドが過ぎても、セレクトショップ系以外の上記ブランドでアイテムを揃えることができます( `ー´)ノ

注目ショップ一覧

おすすめメンズブランド一覧です。

カジュアルからビジネスまでセレクト

おすすめブランド一覧を見る

カジュアル服・スーツ・小物の全てを☆
メンズファッションに200万円以上かけた実体験からそれぞれのおすすめメンズブランド・ショップを選びました。

おすすめ記事

2015.09.06
LINEで送る
    ブログ作成の励みになるので、シェアをしてもらえると感動的にうれしいです
  • Facebookのボタンです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事