スプートニクスのセールです。

ネイビー(紺)のメンズスーツの着こなし&コーデ

ネイビー(紺)スーツは一歩間違うと・・・。

ネイビースーツです。

ネイビー(紺)スーツは一歩間違うと、オジサンくさくなってしまうのがネック(^_^;)

オジサンくさく見せないことが、ネイビーメンズスーツの一番気を付けたい着こなしやコーディネートのポイントですね。

というのも、ネイビーは最初にビジネススーツとして定着した色だから(この頃は紺と言われていましたが)

そのため、上の世代ではビジネススーツ=紺(ネイビー)と考えている人が多く、その影響もあり着ている男性も多い。
そして、それをスタイリッシュにネイビーといった感じで着こなしている人は少ないのですよね(汗)

その結果、紺スーツ=おじさんの色といったイメージを持つ人も多くなりました(特に自分で着ることがない女性に多い)
まずはそのイメージを崩すためにも、紺をネイビーに変える作業から始めましょう(o^-‘)b

他のカラー以上にスーツ選びで勝負が決まる

スーツセレクトのネイビースーツコーデです。

ネイビーメンズスーツの着こなしやコーディネートは、スーツ選びでほぼ勝負が決まります( ゚д゚ )

スーツ選びで失敗すると、後のワイシャツやネクタイをお洒落にキメたところでほぼ挽回できません。

それほどネイビースーツの存在感が強いことをまずは意識しておきましょう( `ー´)ノ

ネイビースーツ選びで大事なのはカラーとシルエット

品質も高い方が良いですが、有名量販店レベルの品質があれば問題はありません。
それよりも大事なのがカラーとシルエット(o^-‘)b

まずシルエットですが、タイト過ぎないスリムなものを選びましょう。
タイト過ぎるとビジネスに向きませんし、緩過ぎるとオジサンくさく見えてしまうため( ̄д ̄)

そして、カラーは地味な紺というより、スタイリッシュなネイビーを選びましょう!
本来は紺もネイビーも言い方違うだけで同じ色ですが、ここでは分かりやすく紺=ダサい・ネイビー=お洒落と定義します

ここは言葉では説明しづらいのですが、お洒落に興味がないオジサンが選ぶ地味な色が紺。
それよりも少し輝きや光沢を放つ色がネイビーでしょうか(伝わりますかね?)

具体的なネイビースーツはこの画像と下の画像のものとなります。
あまり光沢が強過ぎるとビジネスには向かないため、あくまで少しと点がポイントですね^^

ちなみにネイビースーツ選びは、デザイン重視のスーツ量販店で選べば、まず外すことはありません。

ビジネス色を全面に出すコーデが◎

ユニバーサルランゲージのネイビーストライプスーツです。

スタイリッシュなネイビースーツを選べば、それだけでもかなりお洒落☆

あとはシンプルにコーディネートするだけでも問題ありません。

さらにお洒落な着こなしを追求するのなら、ビジネス色を全面に出すというコーディネートが有効です♪

知的な印象を与えるブルー系(ネイビーを含む)はビジネスと非常に相性が良い

なので、その他のワイシャツやネクタイにもブルー系を追加するとさらにビジネス色が高まります^^
一番簡単なのは画像のようにネクタイにもブルー系を追加する着こなしですね。

ワイシャツもブルー系とするとさらにビジネス色が高まりますが、お洒落にまとめるにはバランスが難しくなるため注意しましょう(^_^;)
また、ブルー系のワイシャツはビジネスではもはや定番ですが、やはり中にはビジネス=白ワイシャツと考えている人もいます。

当然、そういった人と会う場合は白ワイシャツを選んだ方がベターです。

おすすめのメンズスーツショップ&ブランド情報

総合力No.1:PSFA
PSFAはデザイン重視のスーツ量販店☆
量販店の中でも屈指のリーズナブル価格と、それでいてブランド並にお洒落なデザイン性が人気です。

こだわり品質No.1:アストロノミー
アストロノミーはビジネスにも休日にも使えるお洒落なデザイン性が特徴♪
それだけでなく、日本製にこだわるなど、高品質・高機能な点も評判です。
お洒落で着やすいアイテムを求めているのなら(o^-‘)b

ビジカジコーデ情報No.1:ビズフロント
ビズフロントはビジネスカジュアル専門というちょっと変わった通販ショップ( ゚д゚ )
そのコンセプトもそうですが、ビジネス系では珍しい圧倒的なコーディネート情報の多さが魅力です。

注目のメンズショップ&ブランド一覧

おすすめメンズスーツです。

リーズナブルな高品質お洒落スーツ

スーツおすすめNo.1を見る

おしゃれで高品質なアイテムをリーズナブル価格で。☆
スーツなどのビジネス関連アイテムを買うならここは外せない。
20代・30代・40代・50代と世代を選ばず使える。

おすすめ記事

2015.09.24
LINEで送る
    ブログ作成の励みになるので、シェアをしてもらえると感動的にうれしいです
  • Facebookのボタンです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事