Levi’s(リーバイス)の特徴一覧

リーバイスのジーンズです。

独自の分析評価に加え、口コミや評判などから特徴をまとめています(o^-‘)b

  • ジーンズで有名なアメリカブランド
  • 特に日本でのジーンズ人気は圧倒的
  • リーバイス501を中心に様々なモデルを展開
  • デニム系アイテム以外も多数展開
  • 通販ではセールやアウトレットなどに積極的

グラフで総合評価

ジーンズと言えばリーバイス( `ー´)ノ

特に日本では本家本元のジーンズメーカーといったイメージが強く、なかにはその他は所詮類似品と豪語する人も(笑)

これはさすがに言い過ぎですが、ファッション好きの男性なら一度は履いたことがある・・・ジーンズ業界においてはそんな絶対的な地位を築いています( ゚д゚ )

ただし、本場アメリカでは人気は高くなく、業務縮小に追い込まれるほど(意外)


Levi’s(リーバイス)を独断と偏見で徹底評価

リーバイスのウォームジーンズ

ここからは僕の独断と偏見で、Levi’s(リーバイス)を徹底評価していきます(o^-‘)b

ちなみに僕の中では、ファッションに興味を持つ前はジーンズと言えばEDWIN(エドウイン)のイメージが強く(ブラッド・ピットのTVCMの影響)、リーバイスは存在すら意識していませんでした(汗)

その後、ファッションに興味を持った25歳の時に存在を意識し、20代後半で初購入というかなり遅めのリーバイスデビューです(笑)

イマイチなポイント

一番イマイチに感じる評価ポイントは、ジーンズ以外のアイテム( ̄д ̄)

リーバイスと言えばジーンズ!それ以外は?・・・といった人が多いのではないでしょうか。
一応、デニムジャケットなどのその他のデニムアイテムはもちろん、通常のカジュアルアイテムも多くラインナップされています。

とはいえ、ジーンズ以外のアイテムをリーバイスで買っている人がどれほどいるでしょうか?
少なくとも、僕の周りではいません(せいぜいデニムジャケットぐらい)

ちなみに、アメリカ国内での業務縮小&工場閉鎖(現在は一部のプレミアムラインを残すのみ)に伴い品質が変わったという意見もあります。
とはいえ、もともと日本では独自展開を行っており、せいぜい影響があるとしても米国製のUSラインぐらいでしょう(こちらもメキシコなどに生産地を変え継続。日本でも引き続き購入可能)

そのため、これは単純なモデルチェンジだと思います。
リーバイスに限らず、通気性や動きやすさを考え、ジーンズの生地が薄くなったので(その分、頑丈さはダウン)

良いと思えるポイント

リーバイス511です。

一番良いと思えるポイントは、安心して購入できるジーンズブランドという点☆

おしゃれを考えるのなら、1つは持っておきたいジーンズブランド

特に501は押さえておきたいところです(o^-‘)b

仮に最終的に他のジーンズブランドに落ち着くとしても、まずはスタンダードを知っておきましょう!
リーバイスを基準とし他のジーンズと比べる・・・そうすることでより自分に合ったアイテムを見つけることができます(もちろん、最終的にリーバイスに落ち着くのもあり)

まとめると、おすすめでない人はデニムアイテム以外が欲しい人、とにかく安いジーンズが欲しい人。
おすすめな人は、おしゃれなジーンズが欲しい人(特にリーバイスを1つも持っていない人)となります。

注目のメンズショップ&ブランド一覧

おすすめメンズカジュアル服ショップです。

女子ウケアイテム&コーデ情報満載

カジュアル服おすすめNo.1を見る

女の子が直接アイテムを選ぶのが魅力。
他とは違う女子ウケが高いきれいめアイテムが多いのはもちろん、
それを着こなすためのコーディネート情報も無料で提供しています。

おすすめ記事

2017.08.13
LINEで送る
    ブログ作成の励みになるので、シェアをしてもらえると感動的にうれしいです
  • Facebookのボタンです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事