メンズの髪染めやカラーのリスク

男性は薄毛にも気を付けないといけない

将来ハゲないためにも。

髪染めやヘアカラーをする場合、おしゃれだけではなく薄毛にも気をつけないといけません。

これはメンズだけの問題ではありませんね。

男性よりもハゲにくいとはいえ、女性でも禿げる人はいますから。

お洒落のための髪染めやヘアカラーが将来的にはおしゃれの幅を狭めてしまうのです。

そうならないためにも、髪を染める前にヘアカラーについてある程度は知っておく必要があります。
薄毛になってから知らなかったでは遅いですからね。

ヘアカラーは思った以上にダメージが大きい

ヘアカラーのダメージについて。

ヘアカラーは思っている以上に頭皮や髪にダメージを与えます。

これはカラー剤を一目見れば分かりますよね。

あきからに体に悪そうですから。

それもそのはず、カラー剤は化学物質の塊ですから。

カラー剤はそれ自体が頭皮や健康に悪影響を及ぼすリスクがある上、使い続けることで化学物資過敏症などを引き起こすリスクもあります。
少量ではたいした害はありませんが、ある一定量を超えると爆発する危険性があるということですね。

しかも、厄介なことに化学物質は体に入っても消化されず残るという特性も(ちなみに人間は口以外でも頭皮や肌からも吸収します)
つまり、ボディーブローのようにダメージが蓄積されて効いてくるというわけです。

髪染めにはそれだけのリスクがあります。
薄毛や健康リスクが嫌ならヘアカラーは行わないのも一つの手(日本人は黒髪が一番似合うという意見も多いですし)

また、髪染めを行うにしても、なるべく頭皮や髪への負担が少ないカラー剤を使っている美容室を選びましょう。
一つの目安として、頭皮に染みないカラー剤、または水にこだわっている美容室を選ぶなど。

逆に頭皮に染みるカラー剤を使っているところは化学物質満載のお客よりもお店の利益優先と思っていいでしょう。
化学物質は頭皮や体への刺激が強い反面、コストが安く利益をあげやすいので。

日頃から頭皮や髪のケアをしておく

シャンプーからこだわるのが基本。

将来的にハゲるのが嫌なら早いうちから頭皮や髪のケアを行っておきましょう。

これは髪を染めている染めていない関係なくですね。

男性の場合、ヘアカラーをしていなくてもハゲることがありますから。

というのも、頭皮や体に悪い化学物資はカラー剤以外にも様々なものに入っているから。
特に気を付けたいのがシャンプーです。

ドラッグストアなどで売られている安いシャンプーは化学物質満載
逆に育毛やスカルプシャンプーなどは頭皮に優しい天然成分がメインとなっています。

天然成分は化学物質と比べるとコストが高いため、ああいったシャンプーは価格が高いのです。
ちなみに育毛シャンプーには発毛効果はありません(発毛効果は育毛剤)

それなのにスカルプシャンプーを使ったら髪が増えたといった意見が多いのは、その前に使っていたシャンプーが化学物質満載だった可能性が高いです。

化学物質満載のシャンプーを使い続けたことで頭皮環境が悪化、その結果として一時的な薄毛が進行。
それを育毛シャンプーに変えたことで頭皮環境が改善し、一時的な薄毛が治ったというパターンが多いと思います。

実は僕もそのパターンで20代後半辺りで前髪が薄くなりましたが、スカルプシャンプーに変えたおかげで持ち直し、今でも前髪は健在です。

頭皮・ヘアケアを行うのなら、まずはシャンプーにこだわってみましょう。
それだけでも間に合わない場合に育毛剤やクリニックなどの出番です。

LINEで送る
    ブログ作成の励みになるので、シェアをしてもらえると感動的にうれしいです
  • Facebookのボタンです。

注目ショップ一覧

スプートニクスです。

女性ウケが高いキレイめスタイル

カジュアル服の注目No.1を見る

シンプルきれいめのお洒落がテーマ☆
女性ウケが高いスタイルを実現できます^^
コーデ情報や裾上げ無料などのサービスも充実していて、初心者~上級者まで幅広く人気♪

おすすめ記事

2016.02.04

よく読まれている関連記事

ココマイスターです。

この記事にコメントする

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


下記の『コメント送信』ボタンを押してください。