スプートニクスのセールです。

グレーのメンズスーツの着こなし&コーデ

まずは濃いグレースーツから着こなす

スーツカンパニーの無地グレースーツコーデです。

グレーのメンズスーツは、まずは濃いカラーのものから着こなしましょう( `ー´)ノ

というのも、グレースーツは色が濃ければ濃いほどコーディネートしやすく、さらにビジネスにも使いやすいから。

なので、まずは画像のようなミディアムグレーのスーツから始めてみましょう(o^-‘)b

ミディアムグレーはビジネス用としても使い勝手が良いので、最初に揃えたいカラーの一つですね。

画像のような無地のミディアムグレーであれば、着こなしは簡単^^
ネクタイは画像のようなストライプ(レジメンタルやチェック柄も含む)やドット柄(水玉)などの定番どころを選んでおけばまず外すことはありません。

濃いグレーが基本となる部分☆
まずはここを着こなせるようになってから他のグレー系に手を出すようにしましょう!

お洒落にはライトグレーは欠かせない

ビズフロントのライトグレーセットアップスーツです。

よりオシャレなスタイルを目指すのならライトグレーのような明るいカラーは欠かせません☆

明るいとより華やかに見えますから。

明るいグレー系の中でもライトグレーは特に定番中の定番ですね^^

僕の中では2000年前後に特に流行した印象があります。

当時の人気俳優がライトグレーのスーツ着て、よくテレビCMに出ていたのが大きな話題になったような・・・(うろ覚え)
現在でもライトグレーのスーツはお洒落アイテムの一つであることは変わりありませんね。

ブランドやセレクトショップのものなど、お洒落性重視のスーツにはライトグレーが非常に多いですから♪
とはいえ、ここまで色が明るくなるとなかなかコーディネートも大変。

着こなしのポイントは、ワイシャツ(ドレスシャツ)はなるべく白などの定番色にし、ネクタイで変化を付けること( `ー´)ノ
よほどセンスに自信がなければ、シャツは白を選んだ方が無難ですね。

ネクタイは画像のようなワインレッド(エンジ色)系が淡いライトグレーに変化を付けやすくておすすめです。

グレーは必ず最低一つはポイントを作る

スーツセレクトのグレースーツコーデです。

グレーのスーツをお洒落に着こなすポイントは、最低一つはどこかにポイントを作ること( `ー´)ノ

というのも、グレーは地味なカラーなので、適当にコーディネートすると無個性になりやすいから。

カジュアル服ではメインで使うよりもメインを引き立てるサブとして使うことが多いですからね(^_^;)

ポイントの付け方としては、上質なスーツを選ぶ・ネクタイやワイシャツで変化を付ける・ジレを取り入れるなどなど。
お金はかかりますが、一番簡単なのは上質なグレースーツを選ぶこと(o^-‘)b

上質なものは全然存在感が違いますから。
ただし、高級ブランドはビジネスには取り入れやすいこともあるので注意が必要です。

ネクタイやワイシャツに関してはアイテムの質だけでなく、カラーで変化を付けるのもアリ☆
もちろん、その両方を行っても問題ありません。

画像のようにジレを着こなしに取り入れるのもおすすめ♪
ジレは思った以上にお洒落ですし、価格もそれほど高くなく、取り入れている男性が少ないですから。

おすすめのメンズスーツショップ&ブランド情報

総合力No.1:PSFA
PSFAはスーツ量販店の中でも非常にデザイン性に力を入れているショップ☆
リーズナブル価格でありながら、ブランドのようなモード感があるのが一番の魅力です。
また、通販で購入すると非常にお得で、価格のリーズナブルさも量販店の中でも随一( `ー´)ノ

こだわり品質No.1:アストロノミー
アストロノミーは高品質・高機能なビジネスアイテムをリーズナブル価格で提供しているショップ♪
デザイン性だけでなく、着心地も追求する男性から支持されています。
もちろん、肝心のデザイン性も高く、休日にも活躍出来るクオリティのものが多く揃っています(o^-‘)b

ビジカジNo.1:ビズフロント
ビズフロントはビジネスカジュアル専門という一風変わった通販ショップ( ゚д゚ )
さらにビジネス系通販ショップでは珍しく、着こなしやコーディネート情報も非常に充実しています。

注目のメンズショップ&ブランド一覧

おすすめメンズスーツです。

リーズナブルな高品質お洒落スーツ

スーツおすすめNo.1を見る

おしゃれで高品質なアイテムをリーズナブル価格で。☆
スーツなどのビジネス関連アイテムを買うならここは外せない。
20代・30代・40代・50代と世代を選ばず使える。

おすすめ記事

2015.09.19
LINEで送る
    ブログ作成の励みになるので、シェアをしてもらえると感動的にうれしいです
  • Facebookのボタンです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事