スプートニクスのセールです。

クールビズ期間と乗り切り方について

環境省が定めるCOOL BIZ(クールビズ)期間は?

クールビズ期間について。

環境省(政府)が推奨するCOOL BIZ(クールビズ)期間は5/1~10/31まで

初期のクールビズ期間より延長されたこともあり、意外と長い期間が推奨されています( ゚д゚ )

というより、半年間ですからこれだと1年の半分がクールビズ期間ということになります。

ただし、これはあくまで環境省が推奨するクールビズ期間なので、あなたの職場がそれを採用するかはまた別の話し(汗)

会社によっては全くクールビズを採用していないところもありますからね。
とはいえ、実際にこれぐらいの期間クールビズを採用するところの場合、過ごし方や服装の着こなし方に注意が必要( `ー´)ノ

真夏と涼しい季節では全然気温が違ってきますから。

暑い期間の乗り切り方や着こなし方

ビズフロントのピンク系クールビズシャツです。

クールビズと言えば、やはり真夏などの暑い季節の服装を想像する人も多いはず☆

真夏のような暑い季節であれば、画像のような半袖ノーネクタイが定番。

ここまで軽装化すれば、暑い季節もかなり過ごしやすくなります♪

さらに、シャツやスラックスを夏仕様のクールマックス素材アイテムにすれば、さらに快適さアップ。
また、スーパークールビズOKな職場なら、半袖シャツをポロシャツ・スラックスをチノパンに変更するスタイルが定番です^^

ただし、会社によってはポロシャツはもちろん、半袖シャツNGのところも。
営業など社外の人と会う時はノージャケット禁止のところもありますからね(^_^;)

その場合は日頃は長袖シャツを腕まくりして過ごし(長袖の腕まくりはマナー違反ではありません。ただし、上司や先輩がNGを出した時は素直に従いましょう)、社外の人と会う時のみジャケットを羽織るのが基本です。

涼しい期間の乗り切り方や着こなし方

アストロノミーのクールビズジャケットです。

初夏や秋口など、真夏以外の涼しい季節の場合、さすがに上のような軽装では肌寒い時もあります(^_^;)

そんな時はノーネクタイのみにし、長袖シャツ&ジャケットスタイルが定番。

暑い時はジャケットをイスにでも掛けて置きましょう( `ー´)ノ

また、半袖シャツやノージャケット禁止の職場の場合は真夏でもこのスタイルですね。
ポイントはジャケット・長袖ドレスシャツ(ワイシャツ)・スラックスなどを全てクールビズ(クールマックス素材などの)アイテムで揃えること(o^-‘)b

それだけ涼しさは全然違いますから。
逆に普通のジャケットやシャツだと、真夏などはとんでもなく暑くなります(大汗)

熱中症にならないためにも、ここはお金をケチらずにしっかりとクールビズアイテムを揃えましょう。

おすすめのショップ&クールビズ定番アイテム情報

総合力No.1:アストロノミー
アストロノミーはクールビズやビジカジアイテムに特化したブランドライン☆
キレイめでお洒落なデザインと、クールマックスなど機能性が優秀なアイテムが揃っています。
見た目と実用性のどちらも高レベルなアイテムが欲しいのなら(o^-‘)b

コーデ情報No.1:ビズフロント
ビズフロントもクールビズやビジカジに特化した通販ショップ☆
こちらはお洒落性とコーディネート情報に力を入れています。
ただし、機能性についてはアストロノミーと比べると落ちます(^_^;)

スーツ量販店No.1:PSFA
スーツ量販店の中ではリーズナブル価格とスタイリッシュなデザイン性でPSFAがおすすめ☆
アイシャツなど、通気性・吸水速乾性・ストレッチ性・ノーアイロンなどの高機能に優れたアイテムも。
アウトレット商品も豊富とコストパフォーマンスが非常に高い♪

注目ショップ一覧

おすすめメンズブランド一覧です。

カジュアルからビジネスまでセレクト

おすすめブランド一覧を見る

カジュアル服・スーツ・小物の全てを☆
メンズファッションに200万円以上かけた実体験からそれぞれのおすすめメンズブランド・ショップを選びました。

おすすめ記事

2015.08.11
LINEで送る
    ブログ作成の励みになるので、シェアをしてもらえると感動的にうれしいです
  • Facebookのボタンです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事