コンバースの類似品について

最近コンバースの類似品が多いな~と思っていただけに、提訴のニュースを聞いて『やっぱり!』と思った勝ちメン(勝ち組メンズファッション)のタクです( ゚д゚ )
いくら何でも似過ぎですもんね~(汗)
今回はそのコンバースの提訴ニュースの感想について書いていきます!(^^)!

たしかにコンバースの類似品はひどかった

コンバースについて。

CONVERSE(コンバース)の類似品を最近見るようになったな~とは思っていました。

デザインとかあきらかにそのままだろ!と、ツッコミたくなる商品も多かったですし(^_^;)

しかも、けっこう有名なショップやブランドなどで普通に販売されていたりするのですよね。

今回提訴された31社の中には、ウォルマートやラルフローレンなどのビッグネームもありますしね。
この31社の中に入っているかどうか分かりませんが、僕は日本の有名なショップでも類似品を見ましたし・・・。

そりゃ提訴されても仕方ないよなと。
今回はアメリカがメインとなっているので、日本をメインとすればまだまだ出てきそうな感じはします。

しかも、僕が見たコンバースの類似品は、ただコンバースのロゴがないだけのようなデザインでした(これはやり過ぎでしょ)
さらにタチが悪い悪いことにこちらの方が値段が安いのですよね(大汗)

安ければ類似品でも良いと思う前に

コンバースに限ったことではありませんが、類似品と知っていても買う人はけっこう多いですよね。
デザインが似ていて、価格が安いのならこっちでいいや♪って感じで(^_^;)

こういった人はコンバースというブランドに特に思い入れがなく、見た目のみ気に入っているのでしょうね。
ですが、それだと当然ながらコンバースには一切お金は入りません。

類似品を買う人の全てが類似品がなければ本家のコンバースを買うとは限りませんが(価格が違うので)、それでも買う人は決して少なくないはず(゚Д゚)ノ
類似品がどれぐらい売れているかは分かりませんが、提訴するぐらいですからかなりの数が売れているのでしょうね。

それだけ利益が削れれば、最悪の場合は倒産というシナリオも考えられます。
そうなれば、コンバースの靴をもう履くことは出来ないわけですからね(多分、コンバースぐらいのブランドになれば、他の会社が買収するなりして継続するとは思いますが)

コンバースに限らず、類似品を購入するということは本家の利益を削るという行為です。
ファッション業界は似たデザインのアイテムが多いだけに完全に類似品を避けるのは難しいですが、本家の利益を守るためにもあきらかな類似品を購入するのは個人的にはしたくありません。

そうしないとオリジナルばかりが淘汰され、偽物ばかり残る世の中になってしまうから。
消費者の購入意識も大事なのです。

LINEで送る
    ブログ作成の励みになるので、シェアをしてもらえると感動的にうれしいです!笑
  • Facebookのボタンです。

注目ショップ一覧

スプートニクスです。

女性ウケが高いキレイめスタイル

カジュアル服の注目No.1を見る

シンプルきれいめのお洒落がテーマ☆
女性ウケが高いスタイルを実現できます^^
コーデ情報や裾上げ無料などのサービスも充実していて、初心者~上級者まで幅広く人気♪

おすすめ記事

2015.05.21

よく読まれている関連記事

ココマイスターです。