バーバリー・ブラックレーベルの特徴一覧

バーバリー・ブラックレーベルのジャケットです。

独自の分析評価に加え、口コミや評判などから特徴をまとめています(o^-‘)b

  • 日本市場の外資系ブランド売上げ2位の実績
  • トラッド系のきれいめアイテム中心
  • カラーはその名の通りブラックが多い
  • 年齢層は25歳~35歳向け
  • ブラックレーベル・クレストブリッジに名前を変更

BURBERRY BLACK LABEL(バーバリー・ブラックレーベル)の総合評価

バーバリー・ブラックレーベルは、三陽商会がバーバリーからライセンス契約を結び展開しているブランド

当初はバーバリー・ロンドンのみを展開していましたが、重厚なイメージと価格の高さから若年層からの支持はイマイチ。

そんな状況を打破するために生まれたのが、25歳~35歳向けブランドのバーバリー・ブラックレーベル。

この狙いが見事に当たり、今では日本で最も人気のあるブランドの一つへと成長しました( `ー´)ノ

ただし、ライセンス契約が2015年で終了するため、それ以降はブランド名からバーバリーの名前が外されることになりました。


バーバリー・ブラックレーベルを独断と偏見で徹底評価

バーバリー・ブラックレーベルの名刺入れです。

ここからは僕の独断と偏見で、BURBERRY BLACK LABEL(バーバリー・ブラックレーベル)を徹底評価していきます(o^-‘)b

通常の口コミや評判とは一味違う内容をお届けします♪

ちなみに僕はバーバリー・ブラックレーベルはよくチェックするのですが、あまり買物はしないのですよね。

別にデザインが嫌いとかではないのですが、セールを一切しないのはやはり懐的に痛いです(笑)

バーバリー・ブラックレーベルのイマイチな評価ポイント

バーバリー・ブラックレーベルの名刺入れの箱です。

BURBERRY BLACK LABEL(バーバリー・ブラックレーベル)で一番イマイチに感じる評価ポイントは、セールを一切行わない点( ̄д ̄)

価格自体も安いわけではないので、購入する時はなかなかの勇気が入ります(汗)

一番最初の画像のジャケットなんかは5万円ぐらいしたので、購入する時はかなり迷いましたし(笑)

価格が安いわけではない、なのにセールは一切行わない。
これでよくここまで人気があるなと逆に感心してしまいます(脱帽)

また、長年続いていたバーバリーとのライセンス契約が終了し、ブランド名からバーバリーが外れる点も気になりますね。
バーバリーの名前が外れることで人気に陰りが出るのか?

そして、デザインなどはどうなってしまうのか?
この辺りは不透明で予想ができません(結果は2015年になってから)

良いと思える評価ポイント

BURBERRY BLACK LABEL(バーバリー・ブラックレーベル)で一番良いと思える評価ポイントは、非常に女性受けが良いブランドという点☆

特に好きでもないのに、僕が5万円もするジャケットは全てこのためです!(笑)
トラッド系のシンプルなきれいめデザインは女性受けが良く、さらにバーバリー・ブラックレーベルはそのブランド自体も女性受けが良いのですよね♪

つまり、ダブルの意味で女性受けが良いのです。
二つが揃っているところはなかなかないので、そういった意味で日本の男性から非常に人気が高いのかもしれません^^

そのためか、それを批判するアンチ層も非常に多いのですよね(汗)
また、メンズファッション上級者はなぜか女性受けを嫌う人が多く、そういった層からの批判も多め( ゚д゚ )

とはいえ、一般層&女性受けはトップクラスの存在であることは間違いありません!
でないと、セールも一切行わない高いブランドが売れるわけありませんから(笑)

BURBERRY BLACK LABEL(バーバリー・ブラックレーベル)の評価をまとめると、おすすめでない人は価格やアンチ層の意見が気になる人。
おすすめな人は、そんなことより女性受けを狙いたい、またはシンプルなトラッド系アイテムが欲しい人となります。

LINEで送る
    ブログ作成の励みになるので、シェアをしてもらえると感動的にうれしいです
  • Facebookのボタンです。

注目ショップ一覧

スプートニクスです。

女性ウケが高いキレイめスタイル

カジュアル服の注目No.1を見る

シンプルきれいめのお洒落がテーマ☆
女性ウケが高いスタイルを実現できます^^
コーデ情報や裾上げ無料などのサービスも充実していて、初心者~上級者まで幅広く人気♪

おすすめ記事

2016.07.03

よく読まれている関連記事

ココマイスターです。

この記事にコメントする

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


下記の『コメント送信』ボタンを押してください。