メンズファッション初心者脱出コラム㉒:コーデと色

コラム㉒のテーマ:基本コーデと色の組み合わせ

カジュアル服編:メンズファッション初心者脱出コラム㉒では、覚えておきたい基本コーデと色の組み合わせについて解説します。

まずは定番カラー+無地コーデ

白ヘンリーシャツとグレーのパンツのコーデです。

もっとも簡単にお洒落にコーデがまとめられる定番カラー+無地☆

この組み合わせであれば、同じ色同士を組み合わせたりしなければ、適当に選んでもそれなりにまとまります

メンズファッション初心者のうちは、まずはこの簡単なスタイルからマスターしていきましょう(o^-‘)b

定番カラーの詳細

ちなみに定番カラーとは、白・黒・グレー・ネイビー(紺、ジーンズの定番色インディゴも加える)・ベージュの5つ。
これはファッション業界の決まりということではなく、僕が独断と偏見で決めた5つです(笑)

とはいえ、どれもコーデがしやすく、流行に関わらず一定のニーズがあるので、定番カラーと言っても差し支えないと思います^^

慣れてきたらその他のカラーや柄物も取り入れる

柄シャツと白パンツのコーデです。

定番カラー+無地コーデに慣れてきたら、その他のカラーや柄物アイテムも取り入れていきましょう☆

いつも定番カラー+無地コーデばかりだと、さすがに地味過ぎますからね(^_^;)

お洒落度をアップさせるためにも、ワンランク上のコーディネートと色の組み合わせを覚えていきましょう(o^-‘)b

ちなみに面倒なのは嫌!だから定番カラー+無地コーデのみでお洒落にまとめたい人は、アイテムの質にこだわりましょう(^^)/
上質なアイテムはシンプルであればあるほど、その品質の良さが際立ちます!(^^)!

アイテムの質が上がれば、上品さや大人感をアップさせ、それだけ周りとは違うお洒落を構築してくれます☆
お金がかかるのがネックですが、もっとも簡単にお洒落にまとめるコーデ法の一つです。

無地と柄物の区別の仕方

柄物とは、ストライプやボーダー、チェックなどの柄や模様が入ったもの。
無地は、逆に模様や柄が入っていないものですね。

では、プリントやロゴが入ったものはどうなるのか?
これは人によって判断が違うのですが、僕の中ではプリントやロゴがアイテム面積の半分を超えなければ無地、超えると柄物と判断しています(o^-‘)b

なので、胸にワンポイントのロゴが入っているポロシャツなどは無地。
上の写真のような全体にレオパード(ヒョウ柄)プリントが入っている半袖シャツは柄物というわけです^^

柄物は1点まで

柄物をコーデに加える場合、そのアイテムは1点のみにしましょう。
2点以上でもお洒落に着こなせないわけではありまえんが、その難易度はグッと上がります(^_^;)

そのため、メンズファッション初心者のうちは柄物1点のみというわけです。
シャツが柄物であれば、その他は全て無地( `ー´)ノ

それは靴やバッグなど、全てのファッションアイテムに共通します。

カラーは多過ぎず少な過ぎず

ストライプ半袖シャツと黒スラックスのコーデです。

色使いに関しては多過ぎてもコーデしづらいですし、逆に少なすぎてもコーデしづらいです( ̄д ̄)

カラーは多過ぎず少な過ぎずをテーマにまとめていきましょう☆

よく服のコーデのカラーは2色まで、または3色までといった意見が見られます。

例えば、写真のコーデであれば、ストライプの柄物半袖シャツ(柄物は1色と考える)・白のTシャツ・黒のパンツで3色です♪
ただし、ここにバッグや靴も加えると、柄物は1点のみなので、白か黒の靴やバッグしか加えられない窮屈なコーデとなってしまいます(汗)

そこで、僕は色を単品で見るのではなく、系統として一まとめにしてコーデする方法をおすすめします(o^-‘)b

基本は定番色+暖色、または寒色の2系統コーデ

基本は定番色+暖色or寒色の2系統でコーデをまとめましょう☆
色を単品でなく、系統で見ることによって、使えるカラーがグッと広がります^^

上の例であれば、靴やバッグは白と黒以外にも、同じ定番色であるグレー・ネイビー・ベージュの3色を加えることができます。
例えば、定番色が強い柄物シャツを赤のストライプなどの暖色が強い柄物に変えれば、さらにそこに暖色を加えることも♪

定番色は、白・黒・グレー・ネイビー・ベージュの5つ。
暖色は温かみを感じさせる色のこと、例えば赤・オレンジ・黄・緑・茶など。

寒色は冷たさを感じさせる色のこと、青・紫・水色・青緑など。
厳密には、緑・茶・紫などはどちらにも属さない中性色ですが、そうすると難しくなるため、僕の判断で分けています。

あまり難しく考えず、分からない色が出てきたら、あなたが暖かさそうと思えば暖色、冷たそうと感じれば寒色に入れましょう。

1系統・3系統コーデは難しい

1系統コーデや3系統コーデでもお洒落に着こなすことは出来ますが、難易度が上がるため初心者のうちは避けましょう。
1系統コーデとは、寒色や暖色のみでコーデをまとめることです(定番色は除く。定番色のみでまとめるコーデは最初に紹介したシンプルコーデのこと)

1系統コーデで分かりやすいのは、同系色のみでまとめるもの
例えば、青のみを使って、その濃淡で同系色でお洒落にまとめるコーデなど。

これはキマるととってもお洒落ですが、外すととっても痛いです(^_^;)
同系色コーデは非常にバランスが難しいため、初心者のうちは絶対に避けましょう。

3系統コーデは定番色・寒色・暖色の3つでまとめる方法ですね。
こちらも色のバランスが難しくなるため、あまりおすすめしません。

特に暖色と寒色の相性が悪いので、ここをうまくまとめるのが難しいのです(汗)

最初に軸となるアイテムを決める

ブルーのポロシャツです。

コーデを決める時は、まず始めに軸となるアイテムを決めましょう☆

今日はこのアイテムを着たい!などといった形ですね^^

例えば、写真のようなブルーのポロシャツを今日は着たいとします。

ブルーは寒色ですから、その他のアイテムで使えるカラーは寒色と定番色。
このポロシャツは柄物ですから、残りのアイテムは全て無地となります(o^-‘)b

軸となるアイテムに合わせて、基本コーデと色の組み合わせを当てはめていくだけ
これぐらいのルールであれば、簡単に実践できるとは思いませんか?

LINEで送る
    ブログ作成の励みになるので、シェアをしてもらえると感動的にうれしいです!笑
  • Facebookのボタンです。

注目ショップ一覧

スプートニクスです。

女性ウケが高いキレイめスタイル

カジュアル服の注目No.1を見る

シンプルきれいめのお洒落がテーマ☆
女性ウケが高いスタイルを実現できます^^
コーデ情報や裾上げ無料などのサービスも充実していて、初心者~上級者まで幅広く人気♪

おすすめ記事

2016.07.04

よく読まれている関連記事

ウーマシャンプーです。

この記事にコメントする

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


下記の『コメント送信』ボタンを押してください。