秋冬の長袖カジュアルシャツのコーデ&着こなし

シャツメインのコーデ

メンズスタイルの秋冬コーデです。

秋になったばかりや冬が終わる春に近い時期は、コートなどのアウターを羽織るのは暑いので、長袖シャツがメインとなる(一番外にくる)コーデが多くなります。

つまり、長袖シャツが最も目立つアイテムとなるわけです(服装においてトップスが一番目を引くため)

一番目立つ部分に一番目立つアイテムを持ってくる

これはコーディネートの基本中の基本です^^

画像のように、チェックなどの目立つ柄の長袖シャツをトップスに持ってくるのは秋コーデの王道パターン。
他にはストライプの長袖シャツなどもおすすめです♪

とはいえ、王道だけにこのコーデを行っている人はけっこう多いもの。
さらに周りとお洒落の差をつけたいのなら、ここは敢えて白シャツなどのシンプルなカラーの長袖シャツを持ってきましょう(o^-‘)b

無地の白シャツはメンズコーデの定番アイテムとしてだけなく、女性ウケが非常に良いアイテムでもあります。
なかには白シャツを制する人は、メンズファッションを制すると言う人もいます(僕はちょっと大袈裟だと思いますが 笑)

とはいえ、白シャツなどのシンプルな柄のものは、アイテムの品質がバレやすいというネックがあります(^_^;)
そのため、お洒落に着こなすなら品質の良い白シャツなどをチョイスするのがポイントです。

シャツがサブのコーデ

スプートニクスの秋冬コーデです。

秋が深まり、気温が下がってきたら長袖シャツの上にカーディガンなどを。

冬になれば、さらにコートなどのアウターを羽織る形となります。

長袖シャツをサブとしてコーディネートする形ですね^^

サブで長袖シャツを使う場合、白シャツなどのシンプルなカラーの方が使い勝手が良い☆
逆にチェックなどの主張が激しい柄はコーデがしづらくなります( ̄д ̄)

画像のように長袖シャツはシンプルに、上に羽織るカーディガンなどにレッド系などの明るいカラーを持ってくるとお洒落にまとまりやすくなります。
この上に黒のコートなどを羽織っても、カーディガンの明るいカラーが差し色となって映えますから♪

ちなみにサブで白などのシンプルなカラーの長袖シャツを使う場合、メインで使うような品質の高さはあまり必要ありません。
周りのアウターやカーディガンなどがカバーしてくれますから(もちろん、品質が良いに越したことはありませんが)

秋と冬で差をつけるコーデ術

同じアイテムが使えるため、秋冬は同じアイテムを使い回す人が大半です(特に男性は)
せいぜい冬になると上にアウターを羽織るぐらいの違いですね。

もちろん、コストを抑えたいのならその形でも問題ありませんが、よりお洒落的にコーデを行うのなら秋と冬で差をつけましょう(゚Д゚)ノ
別に秋と冬でそれぞれ別のアイテムを用意する必要はありません(金銭的にもったいないですし)

ただ、それぞれの季節カラーを意識すればいいだけ
つまり、秋は秋カラーをコーデに加え、冬は冬カラーをコーデに加えるだけです。

もちろん、季節カラーを加えるのは長袖シャツでも構いませんし、他アイテムでもOK(o^-‘)b
秋カラーはベージュ・レッド・イエロー・オレンジ・ブラウン、冬カラーは白・黒・グレー系全般・レッド・ブルー・パープルなど。

難しく考える必要はなく、それぞれの季節を感じさせるカラーと考えてください。
どちらにも共通しているレッド系は、秋冬において一番映えるカラーです( `ー´)ノ

LINEで送る
    ブログ作成の励みになるので、シェアをしてもらえると感動的にうれしいです!笑
  • Facebookのボタンです。

注目ショップ一覧

スプートニクスです。

女性ウケが高いキレイめスタイル

カジュアル服の注目No.1を見る

シンプルきれいめのお洒落がテーマ☆
女性ウケが高いスタイルを実現できます^^
コーデ情報や裾上げ無料などのサービスも充実していて、初心者~上級者まで幅広く人気♪

おすすめ記事

2015.05.21

よく読まれている関連記事

ココマイスターです。